無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都が生んだ本気のフルーツサンド。「真栄多商店」に行くべき理由

水族館や鉄道博物館が相次いで開業、JRの新駅誕生で賑わう京都・梅小路エリア。このエリアにあるくだもの屋「真栄多商店」の「フルーツコフレ」や「フルーツサンド」がフォトジェニックでおいしいと話題!訪問しましたのでご紹介いたします。

debukodx

旅行・おでかけ

まるでカフェのようなくだもの屋さん

Photo by debukodx

京都・梅小路公園から七条通りを西へ5分ほど歩いたところにある「真栄多商店(まえだしょうてん)」。白壁に木の床とナチュラルなつくりで、コーヒースタンドやカフェのようですが、小さなくだもの屋さんです。

くだもの屋さんでありながら、飾り切りが美しい「フルーツコフレ」と呼ばれるカットフルーツや、旬のフルーツを使った「フルーツサンド」がSNSを中心に人気を集めています。

夏にアイスキャンディーやフローズンフルーツドリンク、年末には迎春用に予約制で「フルーツコフレのおせち」を販売したりと、いろいろなカタチでフルーツを楽しめるお店なんですよ。

Photo by debukodx

一歩店内に入ると、カラフルなフルーツがお出迎え。旬のフルーツが所狭しと並べられています。

お店は、京都市中央卸売市場で競り人をされているご主人と、フルーツコフレなど調理担当の奥様とで切り盛り。競り人のご主人が選んでいるだけに、フルーツはどれも味や鮮度の良さは抜群です。

ただおいしいだけでなく、産地や作り手きちんとわかるものなど、安全なモノが手に入るのもうれしいです。

くだもの屋さんの本気のフルーツサンド

Photo by debukodx

不定期で販売されているフルーツサンドは、製作に1年かかったというこだわりの商品。
当初開店すぐに販売予定でしたが、最近まで理想のパンに出会えず時間を要したそうです。

Photo by debukodx

フルーツサンド400円(税別)前後
※値段は内容により異なる
※画像は3カット分

いろんなベーカリーの食パンを試したどりついたのは、ふんわりきめ細かい食パンでした。
ふわっとした食感のパンに包まれた、口の中いっぱい広がるジューシーなフルーツ。

これはおいしいに決まってますよね。こだわりの砂糖で作られた、甘さ控えめのクリームも相性抜群です。

Photo by debukodx

フルーツはその時の入荷により内容が変わり、おすすめのフルーツで作られるそうです。ですので内容はその時次第。

販売も不定期で、販売日はSNSで告知されますので、欲しい方はこまめにチェックしてくださいね。

繊細なカットが美しい「フルーツコフレ」

Photo by debukodx

フルーツコフレ※要予約

要予約の「フルーツコフレ」は、フルーツに特殊なカッティングやカービングを施した"フルーツアート"で、奥様イチオシの目玉商品。コフレには「小箱」という意味がありますが、まるで宝石箱に詰められた宝石のようで美しくかわいいです。

見た目華やかでプレゼントやパーティーに最適ですが、皮むきやカットの手間がいらずこのまま食べられるので、お見舞いにも重宝するそう。

画像のものはメロンが丸1個使われていて豪華ですが、内容や予算によってアレンジしてもらえるので、利用してみたい方は前もって相談してみてください♪

Photo by debukodx

フルーツコフレ・小※要予約

こちらは手のひらサイズの小ぶりなタイプで、約500円から注文可能です。ちょっとしたお礼やプチギフトに贈れば喜んでもらえそう♪ また、甘いものが苦手だったり、アレルギーがありケーキなどのスイーツを食べられない人にもオススメです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ