無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この巨大な岩、一体なに!?隈研吾設計の「角川武蔵野ミュージアム」は本好きの天国だった

旅行・おでかけ

突如現れる巨大な岩!武蔵野平野から湧き出たマグマ!?

JR武蔵野線・東所沢駅を降り10分ほど歩いて、木々が生い茂る東所沢公園を抜けると突如大きな岩が…!この大きなかたまりが「角川武蔵野ミュージアム(かどかわむさしのみゅーじあむ)」。

図書館、美術館、博物館を兼ね備え、2020年11月にグランドオープンしたばかりの注目の施設です。

「角川武蔵野ミュージアム」がある「ところざわサクラタウン」はKADOKAWAが埼玉県所沢市と共同で開発を進めている施設。“日本最大級のポップカルチャー発信拠点”をうたい、イベントホールやホテル、ショップやレストランを展開しています。

この不思議な建物は、日本を代表する建築家・隈研吾氏がデザイン監修。この武蔵野の土地から湧き出てくるマグマをイメージし、約2万枚の花崗岩を組み合わせて作られた61面体の建物です。眺める角度によって異なる表情を見せてくれます。

【見どころ1】奈良美智、会田誠…注目作家の作品がいたるところに

「NAKED BIG BOOK」

建物だけではありません。館内にはアート好きならスルーできない作品だらけ!まず館内に入るとデジタルアートを手がけるNAKED, INC.のプロジェクションマッピングがお出迎え。

「疫病退散アマビエ之図」

その脇には現代美術家・会田誠氏の作品も。こちらは4階に原画が展示されています。

「コロナ時代のアマビエ」として2カ月おきに日本の現代アーティストたちが現代のアマビエを描くプロジェクトの第一弾であり、これから全6アーティストの作品を展開する予定です。

「PEACE HEAD」

奈良美智氏のモニュメントもエントランスに展示。ぐるっと回りながら作品に隠れる3つの“幸せの要素”を探してみてください。

「ウルトラブッダ」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ