無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年おすすめマンガ6選!「チェンソーマン」や「ミステリと言う勿れ」に注目

エンタメ

書店員えい子が選ぶ!2021年にヒットする女性向けマンガ3作品

ミステリと言う勿れ

著者名:田村由美
出版社:小学館

【あらすじ】
そんなつもりは全然ないのに、なぜか物事の本質をあぶりだしてしまう、謎めいた天然パーマの青年・久能 整(くのう ととのう)。彼がさまざまな事件を解決する新感覚ストーリー!

【書店員えい子のコメント】
真実は人の数だけある。多くの価値観を受け入れていく時代に、自分の心を柔軟にしてくれる主人公が人気の予感…!

圧倒的なスケールの世界観と人間の在り方を問うファンタジー長編『7SEEDS』で知られる田村由美先生の最新作は、意外にも現代が舞台です。

「なぜ娘はお父さんを臭いと言うのか?」「なぜ人を殺してはいけないか?」その答え、あなたは考えたことはありますか?

一見事件に関係ないような雑談や、豆知識的な情報から、事件が少しずつほぐれて解決していく様子はまさに新感覚。

「事件が起こって、頭の切れる人物が推理をして、犯人を当てて捕まえる」そんな従来のミステリのお約束をぶった切る、ミステリのようでミステリじゃない不思議な世界観に、ハマる人が続出しています!

WEB広告でも様々なシーンが取り上げられ、SNSでも話題になっている本作。
巻数が増えて人気が高まりつつある今、そろそろドラマ化などをして人気爆発してほしいという期待を抑えられません!

現代社会において、自分と異なる無数の意見があることに圧倒されている人も多いことでしょう。周りの人の主張を柔軟に受け入れ、自分なりの価値観を築いていくことが必要になっていく時代。

意外な考え方のコツを教えてくれる整くんは、新しい時代に戸惑う人たちにとって参考になる存在になるはずです!

ゆびさきと恋々

著者名:森下suu
出版社:講談社

【あらすじ】
女子大生の雪は、ある日困っているところを同じ大学の先輩・逸臣に助けてもらう。聴覚障がいがあって耳が聴こえない雪にも動じることなく、自然に接してくれる逸臣。自分に新しい世界を感じさせてくれる逸臣のことを雪は次第に意識し始めて…!?

【書店員えい子のコメント】
2次元の会話を新しい技法で立体的に見せてくれるマンガ!作品を読んだ人の口コミから、今年さらに話題になりそう!

主人公が聴覚障がいの女の子の漫画、というとハードルが高く感じてしまう人も多いかもしれません。
けれど、この作品は雪のまっすぐな性格と彼女の周りの人たちの身近な日常と恋を描いた物語。

社会問題や道徳的なテーマとしてではなく、口の動きをよんだりスマホを使ってコミュニケーションする雪や周りの人たちの様子がとても自然なので、身構えずにぜひたくさんの人に読んでほしい作品です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ