無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[1/25〜1/31の運勢]1月5週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2021年上半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2021年上半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

「私」を取り戻す

今週のおひつじ座は、だんだん若返っていくような星回り。

わずか17文字で表現する短詩文学の極北である俳句では、余計な言葉はできるだけ削いでいくのがお約束であり、一般的に読者に伝わるかぎりぎりのところでいかに言葉を選んでいくかが詠み手に問われていくものというイメージがあるのでは。

ところが、「蟹追う犬空間が混み合っている」(田島健一)という句で作者は、作句の一般的なイメージをそっとひっくり返してしまっています。頭の「蟹追う犬」からして、もはやどちらが季語なのかとか、取り合わせとして類例があるのかなどといった細かい約束事がどうでもよくなるくらい、句に詠んでいる絵面自体がシンプルに面白い。

それも、どこか子供の笑いを誘うような面白さであって、純粋に魂を振動させていくようなバイブレーションを持っています。あなたもまた、つまらないお約束やこの世の常識の範疇外にみずからを立たせ、大人としての自分を自由に解き放っていくことがテーマとなっていくでしょう。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

巡礼と十字架

今週のおうし座は、肉体を通してせつない祈りを表現していくような星回り。

中世の巡礼者たちは、聖地に向かって数百キロから時に千キロ近い距離を徒歩で歩いたと言います。そしてドイツの映画監督であるヴェルナー・ヘルツォークが、恩人の女性の重病を告げる電話をとった瞬間に決めた、磁石だけを頼りに決行したミュンヘンからパリへ見舞いに行く徒歩の旅もまた、自分の手には負えない災厄や悲しみを和らげるための行為という意味では似たようなものだったのでしょう。

氷や雨や雪や暴風のなかを、濡れそぼち、骨まで氷りそうになって、憑かれたように彼は歩く。まるで、歩くことによってだけしか、大切な友人は生き延びられないと信じているかのように。旅人が夜を過ごすのは無人の別荘や、農家の干し草小屋だ。

歩き始めてから21日目。パリにたどり着いて訪ねた恩人は生きていた。「ほんの一瞬のあいだ、死ぬほど疲れきったぼくのからだのなかを、あるやさしいものが、通り過ぎていった」あなたもまた、普段なら何も感じずに通りすぎてしまうところをあえて巡礼的に旅していくことによって、自分自身の救済を促していくことになるかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ