無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新しい趣味を始めてみない?自家製酵母と基本のパンの作り方

レシピ

手作りのパンって、温もりがあって格別に美味しく感じますよね。今回ご紹介するのは、初めての方でも比較的起こしやすい、レーズンをつかった自家製酵母の起こし方から、元種の作り方。最後には、簡単に作れる基本のミルクバンズの作り方もご紹介します。

2回目 … 水70g、強力粉70g

3回目 … 水70g、強力粉70g

<道具>

耐熱容器またはガラス容器 … 容量800g程度

ヘラ

作り方

1. <1回目>容器に酵母液と強力粉を入れて、清潔なヘラなどで混ぜ、2倍以上の大きさに膨らむまで常温に置いて、膨らんだら冷蔵庫で6時間から一晩寝かせます。※酵母液は、瓶の底の白い沈殿物と液を良く混ぜてから使用しましょう。
2. <2回目>(1)に、2回目の分量の水と強力粉を足して混ぜ、2倍以上に膨らむまで常温に置いて、6時間から一晩冷蔵庫で寝かせます。
3. <3回目>(2)に3回目の分量の水と強力粉を足して混ぜ、2倍以上に膨らんだら冷蔵庫で保存します。

3回目まで培養したものをパン作りに使います。慣れてきて酵母液の段階で安定して強い酵母が起こせるようになってくると、培養が1回目までの元種でパンを焼いても美味しく焼く事が出来ます。道具は煮沸消毒しなくても清潔な物を使えば問題ありませんが、煮沸消毒した方が雑菌混入のリスクが減らせるので、慣れないうちは煮沸消毒をおすすめします。

基本的なパンの作り方(ハンバーガーバンズ)

以上、レーズン酵母の起こし方と、パンの元種の作り方の紹介でした。元種が出来上がったらいよいよ、この元種を使ってパン生地を作ります。基本的なパンの作り方として、型を使わずに焼けるハンバーガーバンズのレシピを紹介します。今回ご紹介するレシピは、生地に少し牛乳を加えてコクと風味を出したミルクバンズです。

用意するもの(6個分)

国産強力粉 … 170g

元種 … 60g

牛乳 … 60g

水 … 40ml

きび砂糖 … 15g

天然塩 … 3.6g

無塩バター … 20g

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ