無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自家製チャーシューの作り方!フライパンで本格的な仕上がりに。

レシピ

ブロック肉を使って作るかたまりのチャーシューは、一見難しそうに見えますが、実は簡単にご家庭で作れます。今回はフライパンを使って作るチャーシューのレシピをご紹介。大きなブロック肉で作って切り分ければ、さまざまな料理に活用できますよ。

migicco

お肉の選び方

チャーシューを作る際の豚肉はバラ・モモ・肩ロースなどのブロック肉を使いましょう。

コクのある脂身を味わいたいという方はバラ肉がおすすめ。赤身の歯ごたえと淡白な味わいが好きな方は、もも肉を使いましょう。脂肪と赤身のバランスがよく、やわらかく仕上がる肩ロースも人気の高い部位です。

タコ糸はなしでもOK♪

スーパーで「煮豚用」として売られているブロック肉は、タコ糸やネットで形が整えられているものが多く、チャーシューを作る際にもおすすめです。

糸がかけられていないブロック肉は、自分で糸を用意して縛っても◎。タコ糸をかけて形を整えずにそのまま煮ても、味は変わりませんので、成形の必要がなければ縛らなくてもOKですよ。

残った煮汁は捨てないで!

チャーシューができあがったあとに残った煮汁は、肉のうまみが溶け込んでいますので、捨てずにとっておきましょう。炒め物やチャーハンの味つけに使ったり、ゆで卵を漬け込んで味玉にするのもおいしいですよ。

すぐに使わない分は製氷皿に小分けにして、冷凍しておくと便利です。

フライパン以外で作る方法

オーブン

調味料に漬けた豚肉をオーブンシートを敷いた天板にのせ、200度に予熱しておいたオーブンに入れて15分焼きます。

時間がきたら一度取り出し、肉をひっくり返して調味料をかけ、さらに15分焼いて完成です。途中、肉の表面が焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせましょう。

残った調味料は小鍋で煮詰めてたれを作り、肉の粗熱がとれたら切り分けてたれをかけましょう。肉と一緒にじゃがいもや玉ねぎを天板にのせてローストしておくと、付け合せも一緒にできますよ。

炊飯器

調味料に漬けておいた豚肉の表面をフライパンで焼き、焼き色がついたら、炊飯器の内釜に肉・長ネギの青いところ・たれと水200ccを一緒に入れて「炊飯」スイッチを押しましょう。

炊飯が終わったら一度フタをあけ、肉をひっくり返して「保温」モードにして2時間放置します。

煮込み時間がかかるチャーシューも、炊飯器にお任せすればほったらかしでできるので楽ですね♪

圧力鍋

調味料に漬けておいた豚肉を液ごと圧力鍋に入れ、水200ccを加えてフタをし、火にかけます。ピンが上がったら弱火で20分加熱し、終わったら火を止めて冷めるまで待ちます。

ジッパー付き密封袋に肉と煮汁を入れ、空気を抜いて密封したら冷蔵庫で半日ほど置いて味を染み込ませましょう。一緒に半熟のゆで卵を入れておくと、煮卵が同時にできますよ♪

袋から肉を取り出して薄くスライスしたら、からしを添えて召し上がれ。

手作りチャーシューの人気アレンジ3選

1. チャーシューと長ネギの簡単おつまみ

細く切ったチャーシューと、シャキシャキのネギの組み合わせが絶妙な簡単おつまみレシピです。味つけはチャーシューを作った時に出た煮汁を使ってもOK。ごはんにのせてもおいしくいただけます。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=https%3A%2F%2Foceans-nadia.com%2Fuser%2F24730%2Frecipe%2F225751&summary_id=58517&content_id=228562&content_type=link

2. とろとろチャーシュー丼

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ