無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その体調不良、もしかして「糖質のとりすぎ」が原因かも?

ライフスタイル

「血糖値スパイク」が疲れを引きす⁉

糖質は、タンパク質、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつです。糖質をとること自体が体に悪いわけではありません。ではなぜ糖質が疲れやだるさの原因になっているのでしょうか?

「それは食事をすることによって血糖値が一気に上がってしまうことが問題なのです。糖質はごはん、パン、パスタ、じゃがいもなどの炭水化物に多く含まれていますが、なかでも白米、小麦粉、白砂糖といった精製された糖質を食べると、血糖値(血液の中のブドウ糖の濃度)が一気に上昇。これを血糖値スパイクといいますが、体内で起こると、体は血糖値を下げようとして、すい臓からインスリンを大量に分泌します。すると食事をする前よりも血糖値が低い「低血糖」の状態に。すると今度は低くなった血糖値を上げようと、体はアドレナリンを分泌します。そうなるとまるでジェットコースターのような血糖値の乱高下が起こります。この血糖値の乱高下こそがイライラを引き起こしたりだるさや眠気の原因なのです」(イシハラクリニック副院長 石原新菜先生・以下同)

血糖値の上昇が原因かもしれない
主な体調不良はこの3つ

・眠気やだるさ

通常血糖値が上昇すると、すい臓からインスリンが分泌され血糖値を安定させますが、糖分のとりすぎで急激に血糖値が上昇するとインスリンが過剰に分泌され低血糖となります。この状況が続くとブドウ糖が脳内に行き渡らず頭がぼーっとして眠気やだるさを感じることに。

・頭痛

血糖値の乱高下が起きる血糖値スパイクが起きると血管内に大量の活性酸素が生じ、その活性酸素が血管を傷つけることによって頭痛を引き起こします。また低血糖時にはそれを補おうと大量のアドレナリンが出るのですが、その際血管の収縮が起こりこれが原因でズキンズキンと波打つような頭痛をもたらすことも。

・イライラや不安感

急激な糖質摂取で血糖値スパイクができ、低血糖の状態のとき、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌され元の状態へと戻そうとするのですが、このアドレナリン、ノルアドレナリンというのは、神経伝達物質のホルモンなので、感情と大きく関わると言われています。これらが血糖値の乱高下により過剰に分泌されるとイライラして怒りっぽくなったり、逆に不安感を増大させたりするのです。

糖質をとりすぎると血糖値の急上昇を招き、あらゆる体調不良の原因になることが分かったところで、日々の食事をどう気をつけるべきか伺いました。

〈関連記事〉

しょうが焼きは角砂糖5個分⁉「お弁当の定番おかず」の糖質チェック

血糖値急上昇を避ける
4つの食べ方

GI値アラウンド50の食品を選ぶ

血糖値を急上昇させない糖質のとり方のひとつは低GI値の食品を選ぶこと。「血糖上昇率のゆるやかさの度合いをGI値という指標で表し、GI値が低いほど血糖値の上昇がゆるやかな食品と言えます。例えば白米のGI値は81ですが、玄米のGI値は55。目安としてGI値50前後の食品を意識するといいでしょう。急激な上昇を抑えることは、脂肪を合成する働きを持つインスリンの過剰な分泌を防ぎ、結果的に肥満の抑制につながります」。主な低GIの食品としてはそば、春雨、スパゲティ、押し麦、葉物野菜、きのこ類、ブロッコリー、イチゴ、リンゴ、メロン、ミカン、牛乳、チーズ、ヨーグルト、バターなど。食物繊維が豊富ででんぷん質の低い野菜を選び、穀物は精製されていないものと覚えておくといいですよ。ただ、低GIだからといって低糖質とは限らないので注意。

糖質はビタミンB1と一緒にとる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ