無料の会員登録をすると
お気に入りができます

使いやすいキッチンの間取りとは?ポイントは「ワークトライアングル」

インテリア

調理しやすい、動きやすいキッチンとはどんな間取りかご存知でしょうか。今回は、作業動線を考慮した理想的なキッチンの間取りと、一般的なキッチンのスタイル、より使いやすいキッチンへのこだわりポイントなどを紹介します。

aaaharp

作業台の長さと高さ

キッチンで重要なのは、型だけではありません。どの程度料理をするのか、自分の体型に合ったサイズ感かといったことも大事。

例えば、作業台の長さと高さです。毎日習慣的に料理をする、趣味の域で料理を楽しむ方なら、作業スペースがたくさんとれるように作業台の長さにこだわるといいでしょう。

高さについては、作業する人の身長が関わります。作業台が低すぎても高すぎても不便で、あまりに低いと常に腰が曲がった状態で作業することになって大変です。高すぎると調理しにくくなりますよね。

JIS規格では、作業台の高さを80cm、85cm、90cm、95cmとしています。理想の高さは「身長÷2+5cm」で割り出すことができます。例えば身長160cmの場合、適正の高さは85cmとなります。自分の身長に合った高さを選択しましょう。

冷蔵庫の位置

キッチンの間取りのなかで、比較的融通がきくのが冷蔵庫の配置です。だいたいのスペースは決まっていることが多いですが、アイランド型やペニンシュラ型など、片側の作業スペースのどこにでも置けるという場合もあります。

冷蔵庫の配置で気を付けたいのはドアの開閉です。今では左右どちらからでも開くタイプ、設置の段階で開閉の向きを決められるタイプもありますが、うっかりして壁側から開けることになると大変です。あらかじめ向きと配置、そしてワークトライアングルの動線を考慮しておきましょう。

ゴミ箱の位置

意外と忘れがちなのがゴミ箱の位置です。キッチンのゴミ箱は、システムキッチンの収納に付属していて収納できるタイプなどもありますよね。シンク下や勝手口の近くに置いている方もいるでしょう。

理想的なゴミ箱の位置としてまず考慮したいのは、動線です。キッチンでいちばんゴミが出るのはどこかというと、シンクです。シンクからなるべく近い距離で、できれば0距離でゴミ箱に移動させたいですよね。そうするとベストな位置はシンク下、うしろ、真横のどれか。

ただこれはあくまでも目安です。ゴミ箱は気分次第でどこにでも移動させられるので、自分が作業しやすいポジションに配置しましょう。

通路の幅

キッチンの作業動線を考える上で、通路の幅は重要です。I型のようにキッチン作業台が1列に並んでいるタイプなら通路がなく移動しやすいので便利ですが、作業スペースが2列になっているタイプなどは通路幅を考慮する必要があります。

物が少ない状態ではあまり気になりませんが、家族が多い、棚や冷蔵庫が大きい場合は狭くなりがち。冷蔵庫に食料を入れる、家族とすれ違うなど、ちょっとした動作で狭さがわずらわしく感じてしまうものです。

まず最初にキッチンスペースが家庭に合っているかを考えましょう。冷蔵庫のサイズ、食器棚のサイズによっては狭くなってしまうので、大家族なら広いキッチンの方がストレスを感じずに済みます。

自分にとって快適なキッチンに♪

キッチンの間取りと、一般的なキッチンの型のメリット・デメリットについて紹介しました。キッチンは調理や洗い物など作業が多く、いかに作業効率を上げるかがポイント。住宅建築用語として「ワークトライアングル」という言葉があるように、どれだけ作業しやすいキッチンであるかが重要です。

注文住宅ならともかく、賃貸ではキッチンの型で家を選ぶというのも難しいですが、ある程度生活スタイルを考慮した上で使いやすいキッチンを選ぶようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ