無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[フェイスクリーム]お肌“カッサカサ”からあなたを守る1本はコレ! 徹底的に探しました

美容

乾燥シーズン真っ只中、冷たい外気やエアコンの乾燥した空気にさらされて、顔は24時間ダメージを受け続けています。この時期、お肌のカサつき、気になりませんか。

「たかがカサカサくらい、化粧水と乳液でOK」と侮ってはダメなんです。確かに化粧水はお肌に水分を与え、乳液は水分と油分をバランスよく与えてお肌を柔らかくしてくれます。

でも乾燥をほっておくと、肌のバリア機能を低下させて、くすみや小じわ、肌悩みの原因に。しかも、年齢とともに抵抗力もダウンして、マスクなどの軽い摩擦でも炎症を起こしやすくなってしまいまうんですって。

・肌につっぱり感がある
・口や目の周りがカサカサしやすい
・化粧ノリが悪く、仕上がりが粉っぽい

このように感じたら乾燥肌・インナードライ肌になっているかもしれません。特に40歳以降は皮脂量が急激に減少するため、加齢による乾燥も進みむんだそう。

しかも、乾燥してバリア機能が低下したお肌からは水分が逃げてしまうんです。また、年齢を重ねるごとに、乳液では真冬の乾燥に太刀打ちできない肌質になってきます。化粧水や乳液で与えたうるおいを逃さないよう、乳液よりもエモリエント効果の高いフェイスクリームでフタをしましょう。

フェイスクリームには次のような効果があります。

油分の多いクリームはうるおいを長時間保てるので、ダメージを受けた肌の修復や、抗酸化作用を促します。睡眠時は美肌をつくる成長ホルモンとメラトニンが分泌されるので、夜のケアはクリームでしっかり保湿をしておくと、より高い美肌効果が望めます。

フェイスクリームにいちばん期待するのは保湿効果ですが、成分によっては肌の弾力アップや抗炎症、肌トラブル解消、シワ改善、美白ケアなど、さまざまな効果が期待できるものも。

乾燥はお肌の大敵であること、乾燥からお肌を救ってくれるのが、肌にフタをして角層の水分を守る高保湿タイプのフェイスクリームということがわかりました。毎日使うものなので、夜塗って朝までしっかりうるおい、願わくはマイナス5歳肌! なんてことになったら嬉しいですよね。

しかし、フェイスクリームは2000円未満のものから数万円のものまで幅広い価格帯のものがあります。お値段によって効果に違いがあるのか、使い心地やコスパはどうなのか気になりますよね。

そこで今回は、雑誌『LDK』の姉妹誌でテストする美容雑誌『LDK the Beauty』が、デイリーケアにぴったりな1万円以下にターゲットを絞り、ドラッグストや、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで買える市販の定番から新作まで、口コミなどで人気話題の38製品をピックアップして、ガチテスト! 各製品の実力を確かめました。

▼今回テストするブランドはこちら
・アクアレーベル
・アスタリフト
・アユーラ
・アルージェ
・アルジェラン
・アンレーベル
・アンブリオリス
・カルテ クリニティ
・カルテHD
・キールズ
・菊正宗
・キュレル
・クリニーク
・サンタマルシェ
・スキンコットン
・スキンマニア
・雪肌精 クリアウェルネス
・セラアクア
・セラシェル
・津田コスメ
・ドクタージャルト
・ノブⅢ
・肌ラボ
・ビオデルマ
・フーミー
・プリオ-ル
・ホワイトラベル
・松山油脂
・ムクナ
・モイすはだ
・ラクトケア
・ラ ロッシュ ポゼ
・リスタ
・リッツ
・リペア&バランス
・GÜARDIO
・PLÎFT
・SHISEIDO

【2000円未満】【5000円未満】【5000円以上】に分け、各価格帯別にランキングを発表します!

フェイスクリームに求める最も重要なのは保湿力です。しかし、成分や使用感も外せません。そこで専門家の協力のもと、以下の3つのテストを実施しました。

とにかく大切なのは保湿力です。乾燥に悩む30~40代のモニターさんの腕に各製品を同量ずつ塗布して塗布前、3時間後、6時間後の肌の水分量を測定。全員の平均値を5段階評価しました。さらにうるおい度を4段階に分けて示しました。

▼うるおい度
・すごくうるおう
・うるおう
・平均
・不足気味

美肌やエイジングケア、肌トラブルの解消もできたらうれしい! ということで、化粧品の専門家が成分表をもとに期待できる美容効果を考察。メーカーの広告に惑わされず、科学的に効果が実証されている成分を加点し、刺激になりうる成分を減点して、総合的に評価しました。

うるおってもテカテカ顔・ベタつきが気になるのは嫌ですよね。このテストでは、クリームを塗って1分後のベタつき度・使い心地を判定しました。

各製品を同量ずつ手の甲に塗り伸ばして1分間放置。スパンコールの上に手を置いてくっついた数でベタつき度を比較しました。またモニターに実際に顔に塗ってもらい、その感想も参考として記載しています。

テストの結果、ベタつきが強い製品や乾きが遅い製品ほどスパンコールがたくさんつき、使用感の違いが明確になりました。

なお、総合評価は【テスト1:保湿力】を重視して決定しています。また、1回あたりの金額は0.3gを使用する想定で一律計算しています。

それでは2000円以下のフェイスクリームおすすめランキングから発表していきます!

まずは2000円未満のフェイスクリームおすすめランキング14選をご紹介します。お手頃価格でしっかり保湿してくれるフェイスクリームはどの製品でしょうか?

菊正宗
日本酒のクリーム
実勢価格:1034円
容量:150g
1回あたり:約2円

▼評価

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ