無料の会員登録をすると
お気に入りができます

100年以上の歴史を持つ国の重要文化財に泊まってみませんか?

旅行・おでかけ

東京駅丸の内南口改札からおよそ30歩。「東京ステーションホテル」は、100年以上続く歴史と文化的価値のある駅舎内にあります。文豪達から広く愛され、客室の利用だけでなく数々の作品の舞台ともなりました。2012年には気品溢れるヨーロピアンクラシックな内装へリニューアル。東京の中心とは思えないほど優雅な空間が広がる唯一無二のホテルです。

2階建ての客室「メゾネット」は、そのクラシカルなインテリアも相まって、まるでヨーロッパにあるホテルの一室のよう。1F部分はリビングルーム、そして階段をのぼって2F部分がベッドルームとなっています。

ラグジュアリーながらも、程よいプライベート感が居心地のよさを演出。吹き抜け部分が気持ちよく広がっており、天窓からは柔らかな光が差し込む素敵なお部屋です。

駅舎ドームを望む「ドームサイド」

天井が4mと高く開放感のある「ドームサイド」は、南北の駅舎ドームに沿ってレイアウトされたユニークなお部屋。淡い水色のインテリアが、明るく可憐な雰囲気を作り上げています。

窓の外には上品な黄卵色の壁と復原された美しく繊細なレリーフが。立地を活かした、他では見られないスペシャルな空間です。

東京の中心・丸の内を見渡す「パレスサイド」

2F・3Fの中央部にある「パレスサイド」は、丸の内側に面したお部屋です。目の前に整った東京の街並みが広がるダイナミックな景色は、低層階ならではの特権。

広さやベッドのサイズに合わせて6タイプから選べるため、自由気ままな一人旅から、家族・グループでの宿泊まで、目的に合わせて利用しやすいのも魅力のひとつ。シンプルながら気品の溢れる空間です。

宿泊時以外も是非利用したい「ロビーラウンジ」

宿泊ゲストに限らず、誰でも利用することのできる「ロビーラウンジ」。シルバーとブルーのインテリアにワイン色が映える上品な空間には、縦長の窓から入る自然光が室内に温かみをプラスしています。

「ロビーラウンジ」ではモーニングからティータイム、そしてディナーまで、シェフが腕によりをかけて作り上げた、美味しいお料理やスイーツをいただくことができます。忙しい東京の中心にありながら、そのことを忘れさせてくれるような優雅な時間が流れています。

館内やアメニティにも! 歴史を感じるこだわりが満載

「東京ステーションホテル」では、チェックイン時に「館内ツアーガイド」のリーフレットがゲストに渡されます。こちらには各階の見どころが詳細に記されており、ホテルと共に育っていった歴史や文化の息づかいを間近で感じることができます。

さらに、客室限定のアメニティにも注目。原稿用紙がデザインされたメモや、2種のオリジナルステッカーなど、細かな部分にこだわりやストーリーが詰まったオリジナルグッズが用意されています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ