無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性に聞いた!「倦怠期にならないパートナー」の特徴とは

恋愛・結婚

程よく距離感を保ち続けながら会うことに喜びを感じ、常にドキドキできる関係でいられるのではないでしょうか。

困ったときは全力で助けてくれる

「俺が仕事で失敗してめちゃくちゃ落ち込んでいたとき、何も言わずにずっと傍にいてくれたことが。そのときはすごく救われました。

そのあとも何事もなかったかのようにご飯を作ってくれて、食べて、テレビとか観て。

こっちから話し始めるまでずっと待っていてくれたから気負うことなく話せたし、すごい楽だった。

俺も彼女が悲しいときにはそうしてあげたいと思いました」(20代・会社員)

辛いときや悲しいとき、何も言わずに寄り添ってくれる存在はありがたいですよね。

誰かが落ち込んでいるとつい「どうしたの?」と聞くことが多く、話すを待つのは意外と難しいこと。

ただ寄り添うだけではなく、そのあとは普段通りに接してくれる彼女の温かさにもホッとするものがありますよね。

常に心の拠り所でいてくれるのを感じられると、「この子しかいない」と思ってもらうことができるのではないでしょうか。

距離感を大切にして愛される女性になろう

大事なのはとにかく「距離感」。

近すぎず遠すぎず、興味がないわけではない。愛も感じられる……そんな人が彼女だったら、倦怠期どころか「いつまでも一緒にいたい」と思ってもらえますよね。

いつまでも男性から愛される女性になりましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ