無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[メイク]にっくきほうれい線!ファンデの置き方の正解はコレでした

メイク

シミやシワ、肌のくすみやクマなど、お肌の悩みは増えるばかり。「なんか違う?」って思いつつ、若いときのメイクから抜け出せないという人も多いのでは?

そんなあなたのために、お金も手間もかけずに"垢抜け顏"に変身する今っぽい若見えメイク術を教えちゃいます!

若々しく見られたいなら、「ベース」、「眉」、「目元」、「口元」のメイクが大事になってきます。いつものメイクアイテムをちょこっと見直したり、少しステップを踏むことで、頑張らないのに若見えする肌が叶います。

そこで今回は、肌トラブルをカバーするテクニックやアイテムのご紹介です。

年齢とともにお悩みは増えますが、あれもこれもとアイテムを増やす必要はありません。大切なのはアイテムの使い方なんです。

今回ご紹介するメイクは簡単なので、明日からすぐに脱・老け見えできちゃいますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

テストする女性誌『LDK』オススメのほうれい線をカバーするメイクアイテムをご紹介します。

深くなったほうれい線はファンデーションとパウダーでカバーしましょう。

エクセル
スキンティントセラム
カラー/ST02 ナチュラルオークル20
実勢価格:1980円

ちふれ
ルースパウダー
カラー/1 ルーセント
実勢価格:1980円

ほうれい線の始点、小鼻脇にいつものファンデを点置き。コンシーラーでもOKだけれど、いつものファンデでも充分目立たなくできます。

伸ばすのではなく、指でトントンたたいてなじませます。広げすぎないように注意して、あくまで溝が一番深い部分だけをカバー。

ファンデを置いた部分をパウダーで軽く押さえて出来上がり。パフに粉をもみ込んでからのせると、付けすぎず自然に仕上がります。

ほうれい線を隠そうと、べったりファンデを塗るのは逆効果! ほうれい線の始点だけ、小鼻の横だけカバーすればほうれい線が薄く見えて、化粧ヨレもしません。

テストする女性誌『LDK』オススメのシミをカバーするメイクアイテムをご紹介します。

明るいカラーだと隠せないので、コンシーラーは選びが大切! ナチュラルに仕上がるものを選びましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ