無料の会員登録をすると
お気に入りができます

甘いシナモンにうっとり!シナモンロール基本レシピ&アレンジ3選

レシピ

甘いシナモンの香りが堪能できるシナモンロールは朝ごはんやコーヒータイムにぴったりのパン。今回はアメリカ家庭で教わった絶品シナモンロールレシピをご紹介します。発酵不要レシピなどのシナモンロールアレンジレシピ3選もぜひ参考にしてみてください。

uli04_29

Photo by uli04_29

ある程度生地がまとまったら、作業台に出してこねていきます。水分量が少なめの生地なので手のひらを使って体重をのせるようにこねましょう。

Photo by uli04_29

生地がなめらかになってきたら、常温に戻したバターを生地に加えてさらにこねていきましょう。

バターが加わることで生地がやわらかくなるので、生地を持ち上げて作業台に叩きつけ、角度を変えてまた叩きつけるというこね方を繰り返すとすぐにこね上がります。

Photo by uli04_29

生地をまるめて、なめらかな面を表面にしてボウルに入れます。ふんわりとラップをしてオーブンの発酵機能を活用して40℃で30分から40分ほど、生地が2倍になるまで1次発酵させます。

※オーブンの発酵機能がなければ、温かい場所で生地が2倍に膨らむまでおいておきましょう。

Photo by uli04_29

発酵後の生地に小麦粉をはたいた中指を刺して(フィンガーテスト)、穴がすぐにふさがらなければ発酵完了です。生地をやさしく手で持ち上げるようにしてガス抜きをしてまるめなおしたら室温で20分ほど置いておきます。

Photo by uli04_29

休ませた生地を作業台に出したら、手のひらで生地をやさしく押して再度ガス抜きをしてから綿棒で22cm×18cmに伸ばしていきます。生地の端のガスもしっかり抜くように伸ばしましょう。

Photo by uli04_29

縦に長くなるように生地をおいたら、手前2cmほどを残して全体的にシナモンフィリングを塗っていきます。

※レーズンやクルミ、角切りにして甘く煮たリンゴなどトッピングを加える場合はここでシナモンフィリングの上にのせます。

Photo by uli04_29

奥から手前へ生地をきっちり巻いていきます。隙間ができないように、きつめに巻いていきましょう。巻き終わりは指でつまむようにしてしっかり閉じて、生地を転がすように閉じめをなじませます。

Photo by uli04_29

生地を9等分、2cm間隔に切り分けます。包丁やドレッジでいさぎよく切ることで断面がきれいになります。均等に切り分けるために、切る前に目安をつけておくのがポイント。

生地がやわらかいので切ったときに形がつぶれてしまいますが、天板に並べたときに手で軽く形を整えることができます。

Photo by uli04_29

切った生地の断面を上にしてクッキングシートを敷いた天板の上に並べ、40℃で30分から40分ほど、生地が2倍に膨らむまで最終発酵させます。

※このとき、マフィンカップやアルミカップに生地を入れて発酵すると縦にボリュームのあるシナモンロールができます。発酵後はカップに入れたまま焼きあげます。

Photo by uli04_29

最終発酵が終わったら、溶き卵を生地の断面に塗ります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ