無料の会員登録をすると
お気に入りができます

噛んでブレイクしよ! 即買いしたい“強弾力系グミ”20選

仕事や勉強の合間の息抜きなどにたしなむグミ。中でもハード系グミを選んで「噛んでストレス解消」している方も多いのでは? そこで日本グミ協会会長をお招きし、ハード系グミ20種類を実食評価してもらいました!

360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

グルメ

噛みごたえ十分のハードグミ20種類を完全査定!

コンビニや駅の売店、スーパーで人気の高いグミは、食感や弾力は製品によってさまざま。主にソフト系とハード系の2種類がありますが、これは主原料であるゼラチンの割合で歯ごたえに違いが生まれるのだそう。

ソフト系がモチモチとした食感なのに対し、ハード系は噛みごたえも十分、ちょっとしたストレス解消にも打ってつけなんです。

今回は、そんな奥深いグミの世界をより深く理解するべく、ハード系グミ20種類を用意し、プロに食べ比べていただきました。気になる製品をチェックしてみてくださいね!

評価をしてくださったのはこちら▼

武者慶佑さん
日本グミ協会会長
日々グミを食べ続けて情報発信するグミ愛好家で、グミの魅力を広めるべくイベント開催やメディア出演等を通じて幅広く活躍中です。

「ハードな噛みごたえを軸として、全体的なバランスで評価します」と武者さん。「硬さ」「弾力」「甘味」「酸味」「ボリューム」の観点からそれぞれ5段階で評価していただき、それを上図の要領で円グラフ化してあります。

※期間限定発売の商品や、入れ替えなど、時期によって購入が難しい場合がございます。あらかじめご了承ください。

プロのがおすすめするハードグミがこちら!

表面のザラメ食感に注目!ジャリジャリと楽しめます

武者さんの舌をうならせたのは明治の「GOCHIグミ ブラッドオレンジ味」でした。

明治
GOCHIグミ ブラッドオレンジ味
実勢価格:103円
内容量:47g
カロリー:1袋あたり158kcal
※リンク先は10袋セットです

Amazonで見る

[武者さんの評価]

ハードグミには珍しいフルーツテイストで、表面には酸っぱさの粉ではなくザラメがかかっています。オレンジ風味とともにザラメのジャリジャリ食感も楽しめます。ブラッドオレンジ味で、暑い時期にぴったりですね。

それでは、そのほかの19種の評価をご紹介します。見たことのないレアなグミもあるかも?

普通のグミとは趣向が違う干し梅のような和風グミ

ノーベル製菓
男梅グミ
実勢価格:113円
内容量:38g
カロリー:1袋あたり121kcal
※リンク先は6袋セットです

Amazonで見る

[武者さんの評価]

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ