無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[3/29〜4/4の運勢]4月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2021年上半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2021年上半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

井戸掘り人として

今週のおひつじ座は、誰かとのあいだで「井戸」を掘っていこうとすること。

『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』のなかで村上春樹は、自身にとって転換点となった『ねじまき鳥クロクニル』について、「『井戸』を掘って掘って掘っていくと、そこでまったくつながるはずのない壁を越えてつながる、というコミットメントのありように、僕は惹かれたのだと思うのです。」と語っています。

この本の別の箇所で、河合隼雄は「昔の夫婦というのは、ただいろいろのことを協力してやって、それが終わって死んでいって、それはそれでめでたしだった」けれど、「いまは協力だけではなくて、理解したいということになってきている」と述べた上で、「理解しようと想ったら、井戸掘りするしかしょうがないですね」と言っています。

たぶん「井戸掘り」というのは、能動的に掘っていくというより気付いたら掘り始めていて、やがて不安になったり怖気づいたりしているもの。大抵の人はそこで投げ出すけれど、まれにそのまま掘り続けてしまうという事態がある。あなたも、そんな井戸掘りにいつの間にか精を出している自分に気付いて、不思議な気分になっていくかも知れません。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

夢を担う

今週のおうし座は、さまざまな力加減に思いを馳せていくような星回り。

「平凡な言葉かがやくはこべかな」(小川軽舟)に出てくる「はこべ」とは、道ばたなどによく自生している、春の七草の一つ。きっと作者も何の気なしに道を歩いていて、道ばたの陽だまりに思いのほか濃い緑の草を見つけたのでしょう。

それがほころぶように小さな白い花を咲かせている。こんな身近な場所で、これ以上ないほど慎ましく、春が来たことを告げているのだと、作者はそこで改めて気付いた。やっと巡ってきた春を喜び、それを歌に残してきた先人たちや、その系譜の切っ先に立っている自身の姿を、そっと「はこべ」に重ねてみせたのかも知れません。

四季は繰り返される一方で、人生という時間は後戻りすることなく進んでいく。それは無情な現実ではあるけれど、だからこそ、永遠に循環する時間の海に浮かぶ束の間の夢として私たちの傍らにあり、それを大事に感じることができるのだとも言えます。あなたも野辺に咲く「はこべ」に自身のささやかな喜びを重ねてみるといいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ