無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2店舗回ってやっとゲット![ダイソー新登場]収納の”王道”を無印良品・ニトリと比較してみた

100yen

こんにちは。横浜の整理収納アドバイザー/ヨムーノライターの長島ゆかです。

マルチに使える収納ボックスとして、もはやお片づけの定番となっているのが、無印良品やニトリのファイルボックス。
なんと、そんなファイルボックスがついに、ダイソーからも新発売されたのをご存知でしょうか?

2021年3月に発売され、すでに一部店舗では大人気で品薄となっているようですが、私も2店舗をまわり入手することができたので、ご紹介しようと思います。
※価格や仕様は2021年3月現在の情報です。

価格とバリエーション

大型店舗で筆者が見つけることができたのは以下の4つのバリエーションでした。

・ファイルスタンド(A4)330円

・ファイルボックス(A4)330円

・ファイルボックス(ハーフ)220円

・ファイルボックス用フタ 110円

※すべて税込価格です。

このうち、私はA4を横型に収納できるファイルボックス(A4)と、高さが半分の「ファイルボックス(ハーフ)」、そして「ファイルボックス用フタ」を購入してきました。

無印良品やニトリに引けを取らない素材感で、かなりしっかりしているので、残念ながら価格は100円ではありません。
ですが、真っ白で美しい見た目と、全ての角が直角で収納力バツグンな使い勝手、そして驚きの「made in JAPAN」というところを考えると、とても魅力的な商品だと感じます。

ダイソー ファイルボックスの特徴

ダイソーのファイルボックスは、正面の穴が四角いデザインになっています。
また、片側の側面に凹型のへこみがあります。

底面にはL型の脚があるので、ボックスどうしを重ねることもできます。
ファイルボックス(ハーフ)を2つ積み重ねると、ファイルボックス(A4)と同じ高さになります。

サイズは、

・ファイルボックス(A4)
幅9.5×高さ24.3×奥行32.2cm
・ファイルボックス(ハーフ)
幅9.5×高さ12.2×奥行32.2cm

でした。

無印良品やニトリのファイルボックスとの違い

無印良品とニトリのファイルボックスと並べてみました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ