無料の会員登録をすると
お気に入りができます

下腹ぽっこりを撃退!話題の[ヨーグルトダイエット]真実教えます「本当にヤセる7つのコツ」

美容

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

ダイエットしていても、お腹がスッキリやせている人と、なぜかお腹がポッコリ出ている人っていますよね。

その違いは、「腸の働き」にヒントがあります。

腸内環境を整える働きのあるヨーグルトを上手に食べることで、自然に便秘が解消され、ポッコリお腹がスッキリするのだそう。

そこで「ヨーグルトダイエット」の正しいやり方について、管理栄養士の菊池真由子先生に教えていただきました。夏に向けて、美味しく食べて、スッキリとしたお腹を手に入れましょう!

教えてくれたのは

【管理栄養士】菊池真由子先生

ダイエット中の悩み“お腹ポッコリ”の原因は?

お腹…中でも、下腹がポッコリ出てしまうのは、「便秘」に大きな原因の1つがある、といわれています。
腸の働きが低下すると、排泄がうまくいかず、腸に便をため込んでしまいがち。下腹がポッコリと出ている状態に見えるのです。

じつは、便の大部分は水分で、「食べカス」はほんの一部。腸に便が残っている時間が長くなるほど、その水分が腸に吸収されてしまうため、便はカチカチになってしまうのです。結果、ますます排出されにくくなり、下腹のポッコリが目立ってしまうのです。

“お腹ポッコリ”を効率的に改善するには?

腸の中には、体によい作用をもたらす「善玉菌」と、悪い作用をもたらす「悪玉菌」が棲んでいます。善玉菌の代表は、ヨーグルトに豊富に含まれる「乳酸菌」や「ビフィズス菌」など。この菌の量が増えれば増えるほど、腸の働きがよくなり、結果的に排便がスムーズになり、お腹がスッキリとしてきます。

つまり、ヨーグルトを習慣にすることで、腸内の善玉菌が増えて、便秘が解消されやすくなる、ということ。便秘を撃退することで、お腹ポッコリをだんだん解消できるのです。

また、ヨーグルト自体は、牛乳に乳酸菌などを混ぜてつくられた「発酵食品」です。ダイエット中に不足しがちな牛乳の栄養分と、乳酸菌の有益な働きを、丸ごと体に取り入れることができるのも、嬉しい利点です。

「ヨーグルトダイエット」の正しいやり方

「毎朝100gのプレーンヨーグルト」がお腹を凹ます

お腹を凹ませたいなら、毎朝プレーンヨーグルトを食べることをおススメします。ヨーグルトの種類は、発酵させただけの生の「プレーン」を選びましょう。理由は、プレーンは最も善玉菌が豊富だからです。

量は100gほど食べるのが有効です。ほかの食事への負担が少なく、善玉菌の効果が得られる最適な量だからです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ