無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片手でサッ! 料理上手の“引き出しの中身”はこう作るんです

キッチンのシンク横についてる引き出しは、キッチンツールやカトラリーであふれがち。せっかく調理場に一番近い引き出しは使いやすくしたいですよね。そこで、OXOのキッチンコンテナと100均トレーを使って効率よく収納する方法を考えてみました。

360.life編集部/Test by LDK編集部

インテリア

あれっおたまどこ? 使いたいものが見つからない!

調理している時に使いたいものをサッと取り出せるシンク横の引き出し。でもキッチンツールやカトラリーであふれていると、料理中に使いたいものもすぐに出せません。

どこになにが入っているのかわからない引き出しとはお別れし、使いやすい引き出しに一新しましょう! これから紹介する、捨てるテクニックと収納ケースを使って生まれ変わった引き出しがこちらです。

各引き出しには十分なスペースがあり、かつどこになにがあるかわかりやすく整理整頓されています。この状態を目標に、キッチンツール、箸やカトラリー、タッパーやストック食材の整理法を見ていきましょう!

また、合わせて読みたいコンロ下収納の記事もどうぞ。
→記事はこちら

→記事はこちら

[捨てるテク①]不要なキッチンツールを捨てる

キッチンツールは、サイズや素材違いの同じものは1つあれば十分です。

何年も使っていないものは処分しましょう。

また、納豆専用箸など用途が1つに限られているものも、他で代用できるものは処分を検討しましょう。

[捨てるテク②]箸やカトラリーは家族分だけ

大量の箸やカトラリーは「本当に必要?」と見直してみましょう。

客用の箸やカトラリーの使用頻度が、年に1度や2度という人は要注意。古いカトラリーや普段使わないカトラリーはかえって不衛生なので、家族分だけ残し、古い順から必要かどうか検討しましょう。

客用には100均の使い捨て竹箸がオススメです。

ダイソー
竹箸
実勢価格:108円

見た目は高級感がありますが、100均なので割り箸感覚で使い捨てられて便利です。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む