無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まるで美術館のような「東京ベイ潮見プリンスホテル」は、私たちのための穴場リゾート!

旅行・おでかけ

都内の穴場リゾートとして話題の「東京ベイ潮見プリンスホテル」。ポップモダンなアートとインテリアで彩られた館内は、まるで美術館のよう!ウォールアートを施した開放的な大浴場もあるので、日頃の疲れも癒すことができます。東京のウォーターフロントに位置しながらも都心や舞浜からのアクセスが良く、まさに“使える”お宿なんです♪

モダンアートと解放感たっぷりの空間が非日常へと誘います

JR京葉線・潮見駅から徒歩1分にある「東京ベイ潮見プリンスホテル」。エントランスに入ると、ネオンサインやウォールアートがお出迎え。

レンガやウォールアートがモダンな印象ですが、よく見ると駕籠(かご)が描かれていたりと江戸文化のエッセンスも散りばめられています。

アプローチを抜けると、広々としたロビーが!

「東京ベイ潮見プリンスホテル」は“水辺の宿場町”をデザインコンセプトにしており、館内のあちこちで江戸や海を感じさせるモチーフも見つけることができます。

洗練されたモダンアートやウェルカムガーデンを眺めていると、まるでリゾートに訪れたような気分になってしまいそうですが、実は都心からのアクセスも優秀。

潮見駅は東京駅まで7分、舞浜駅まで9分という観光にはうってつけの立地でもあるのです。

お部屋でもリゾート気分が続く。グループステイにも大活躍しそう!

「スタンダードツインルーム」

お部屋もウォールペイントやポップモダンなインテリアでまとめられており、非日常気分が盛り上がる!

全ての客室が3名以上の宿泊に対応しており、「スタンダードツインルーム」はベッド追加で最大4名の宿泊が可能です。
※ユニバーサルルームを除く

シモンズ社製のベッドがとってもふかふかで、ぐっすり眠れそう…。

「ファミリールーム」/東京ベイ潮見プリンスホテル

より広々と使用できる「デラックスコーナーツインルーム」や、子ども用2段ベッドが備え付けられた「ファミリールーム」もあるので、用途に合うお部屋が見つけられるはず。

「ファミリールーム」はお泊まり女子会需要も高いそうですよ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ