無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぐっさん初めてのソロキャンプ!ダッチオーブンで絶品“タコ飯”作り!『ぐっさん家』

旅行・おでかけ

”ぐっさん”こと山口智充さんの名古屋暮らしや自由な一人旅を通して、素のぐっさんを垣間見る生活バラエティ『ぐっさん家』(東海テレビ 毎週土曜夕方6時30分~放送)

今回(2021年6月5日放送)は『ぐっさん!ビーチハウスでキャンプをするぞ!の巻』。近年人気が高まっている“ソロキャンプ”を初体験!便利なグッズや調理アイテムを使ってぐっさん流のアウトドア飯も作ります。

意外にも初体験!?ぐっさん『ザ・グッドサン・ビーチハウス』でソロキャンプ!

晴れ渡る晴天のもと、愛知・知多半島にある『ぐっさん家』の別邸『ザ・グッドサン・ビーチハウス』からスタート。近年、世代を問わず楽しめるキャンプ人口は年々増加。中でもいま、1人で大自然を満喫する“ソロキャンプ”が注目されているという話を聞いたぐっさん。「実は僕もすごく興味があって。世間のイメージではみんな『キャンプといえばぐっさんでしょ?』と思われているんですけど…でも僕テント張って寝た事がないんです」と意外にもキャンプ初体験を告白!

「でも僕が目指すぐっさんの中には“キャンプの達人”というぐっさんがいる。そこに向かいたいんですよ!」と意欲的なぐっさん。まずはスタッフが集めたキャンプギアをチェック!最初に目を付けたのがイワタニのカセットコンロ『カセットフー タフまるJr.』(9878円)。「これ欲しかったやつですよ!大人気いま。どのアウトドアの本にも載っています!」と早速テンションUP!

まずはソロキャンプのベースづくりから。取り出したのはタープ『ムササビウィング13ft.TC”焚き火”バージョン』(1万8480円)。ビーチハウスの目の前で五角形のタープを広げ、先端に付いているロープをペグ(杭)で地面に固定。すべてのペグを固定しポールを立てたら、倒れないようにロープを引っ張って調整します。

手伝いもなくひとりでスムーズに作業を進めるぐっさん。およそ15分でタープテントが完成!これで快適なベースの準備ができました。

次に登場したのは『スウィベルチェア』と呼ばれるイス。棒状のパーツをカチャン、カチャンとドッキングさせ、シートをかぶせれば完成!「これは椅子の進化ですよ。軽いしコンパクトで…凄いですよコレ!」と感心するぐっさん。実はこのイス、なんと座ったまま360度回転!ソロキャンプを快適に過ごせる優れものです。

座りながら料理ができるようにスウィベルチェアを中心に机やコンロ台、調味料ラックを配置。カッコいいソロキャンプの基地が完成です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ