無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[6/7〜6/13の運勢]6月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2021年上半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2021年上半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

消費者←→神の化身

今週のおひつじ座は、みずからの内に既に失われつつあるものを改めて認識していくこと。

日本では子どもの頃から「人に接する時には礼儀正しくしなさい」と教えられますが、その一方で、大人になって親しい間柄でも丁寧語を貫いていれば「人に心を開かない」だの「慇懃無礼で逆に失礼」だの言われてしまいます。これは、孔子の説くところの「恭(うやうや)しい人も、礼がなければ(心)労になってしまう」典型と言えるでしょう。

この「恭しい」とは相手へのリスペクトを持つことであり、相手をひとつの龍(神)の化身として見なすということ。「礼」とは自己を自己で支えるということ。地位や権威や他者に寄りかかって立つのではなくて、あくまで自分という存在が一体どれくらいの力で支えられているかをおおよそ自覚した上で、その責任を自分で引き受けつつそこに立っているということです。

誰か何を真にリスペクトするつもりなら、自分もまたひとつの神の化身として見なし、そんな他ならぬ自分自身を大事にする術を学んでいかなければならない。それがすなわち「礼」ということであり、今週のおひつじ座にとってのテーマなのだとも言えるでしょう。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

瞳の奥に光を通す

今週のおうし座は、視覚と触覚とを繋ぎあわせていくような星回り。

「目覚むれば裸の女もの書ける」(榮猿丸)は、色っぽいのか色っぽくないのかよく分からない句だ。「女」は昨晩見た夢について記録でもしているのか、急な仕事でもしているのだろうか。机に向かって背筋をピンと伸ばしてそうしているのか、ベッドに寝転がったままだらしなくそうしているのかで、まったく印象が変わってしまうが、願わくば後者であってほしいという気がする。

逆に、作者の描写はそういう下世話な現実におりていかないギリギリのラインにとどまって、そこに自分が置かれるように言葉を選んでいるように思える。だから、艶めかしさがあっても気分が悪くならないし、読めてしまうのだろう。それは今日では、貴重なことだと思う。

実際にやってみると、そうしたラインにちょうどよくとどまるのは案外難しいことだし、それをごく当たり前にできてしまう(少なくともそう見える)作者の手つきこそ、いい意味で色っぽいのだろう。あなたもまた、いま現在すでに自分に与えられているものの価値を、最大限に引き出していくための手つきを意識していくべし。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ