無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リビングにおすすめのカーテンの色って?選び方次第で雰囲気が変わるコツをご紹介

インテリア

リビングをおしゃれにするカーテンの色

存在感はあるのに、選び方がぼんやりしているカーテン。リビングはゆったりとする場所なのでふさわしい色にしたい。インテリアのイメージを壊したくない。

けれども、どちらに軸足を置いたらいいかわからなくなります。それを解消するコツは、お部屋全体とカーテンとの配色バランスです。

癒しとおしゃれを叶えるために、今回は投稿が多かった人気色を中心にナチュラル、モダン、シックの観点からそのおすすめをご紹介します。

目次

リビングのカーテンの色《ナチュラル》

柔らかいアイボリー

全体を1としたときにカーテン他、ラグ、ソファに割り当てられる色の分量は25%。これをメインカラーといい2~3色でカバーするとおしゃれな仕上がりに。

ここではカーテンとラグを人気のアイボリーにし、ソファにしっくりとおさまるブルーをチョイス。

クッションにブルーと反対色のオレンジを投入すると、リビングが無難にまとまらないのでおすすめ。

家具はウッドを選びナチュラルインテリアの完成です。リビングに必須の居心地のいい空気が流れています。

すっきりしたグレー

カーテンをすっきりとしたライトグレー、ソファを落ち着いたブルーにしています。この組み合わせは、人気の爽やかな雰囲気にしたいときにおすすめ。

ソファの骨組みとテーブル、床を同じトーンのウッドでまとめた効果で、空間がゆったりとしナチュラルインテリアが叶っています。

リラックスすることをリビングに求めるなら、ウッドを家具などに取り入れるのがベスト。

カーテンのグレーをリビングに加えたため、ウッドをさりげなく引き締めおしゃれに見えます。

おしゃれな薄手のブルー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ