無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一人暮らしさんのお部屋を拝見。おしゃれな家具の配置がわかるアイデア実例

インテリア

一人暮らしさんのおしゃれな家具配置

部屋で過ごす時間は増えたのに、広さが限られた一人暮らしでは閉塞感を感じることも。

できればゆったりとしたいですよね。そんなときには模様替えをしてみませんか。理想的なのは長い時間を過ごしても苦にならないインテリア。

必要なアイテムは諦めずにおしゃれに仕上げている実例を集めました。居心地が改善する家具配置を4つに分類してご紹介します。

目次

一人暮らしの家具配置《平行》

バランスの良い家具配置

部屋は無彩色と茶でまとめられ、家具を左右にピタリと沿わせて配置していますね。

中央部分を空けて、ラグをフロアと一体化したので広く見えます。ワークスペースはラグの色を変えて見えない仕切りにしています。

デスク上ではディスプレイし、下には隠して収納をセット。一人暮らしの知恵で省スペース化を実現しています。

奥のお気に入りを集めたおしゃれなコーナーを眺めればホッとするひとときに。明るくのんびりできそうな実例です。

片側に寄せた家具配置

テーブルや椅子などの家具を使わないときには、壁に寄せて配置しています。

7.5畳の8畳に満たない部屋ですが、大きな家具を右に寄せて左を空けているため広がりが感じられる実例です。

突き当りを身支度スポットとし、おうち時間でファッションに磨きが掛けられる配置ですね。

奥行きを出す効果がある鏡と、ゾーニングしながら見せて収納できるハンガーラックを置いています。どちらも一人暮らしの味方となるインテリアですよ。

空間を分割する家具配置

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ