無料の会員登録をすると
お気に入りができます

観葉植物に発生する虫とは? 葉に虫がわかない対策方法

ライフスタイル

まずは大量発生を抑えるため、葉裏をよく見て早期発見に努めましょう。葉裏に群がって生息するハダニはテープなどで補殺します。ハダニは湿気に弱いため、発生初期には葉裏から霧吹きすると増殖の抑制が可能です。雨の日には植物を外に出して濡らし、ホースで水をかけるのも効果が見込めます。

市販の薬品でも駆除できますが、むらがあると生き残り増殖するため、注意しながら使用しましょう。またひとつの薬品を使用し続けると効果が薄れるため、いくつかの薬品をローテーションすると継続的な対策が可能です。

大量発生に注意!「アブラムシ」の被害と対策

観葉植物の新芽や茎、つぼみに発生しやすいアブラムシは、黒や黄色などさまざまな種類が存在し、観葉植物以外にも多くの植物に寄生する厄介者です。

アブラムシの被害

吸汁性害虫であるアブラムシは、群がって吸汁するため、被害を受けた葉や枝・幹は衰弱します。またアブラムシの排泄物はアリを誘引するだけでなく、カビの仲間が栄養にするため、葉や枝・幹が黒ずんでいく「すす病」の原因にもなります。

葉にモザイク状のまだら模様が現れて植物全体の生育が衰退する「モザイク病」などのウイルス病を媒介することもあります。

アブラムシの対策

アブラムシは増殖スピードが非常に速いため、観葉植物を定期的に観察し早期の対策を講じる必要があります。基本的には見つけ次第つぶして駆除しますが、黄色に誘引される性質にあるため、黄色の粘着トラップが効果的です。またアブラムシはキラキラした反射光を嫌うため、植物にシルバーテープを巻くことで、飛来を防げます。

薬品が効きにくい?「カイガラムシ」の被害と対策

貝殻をかぶったような見た目からカイガラムシと呼ばれているこの虫は殻を被らない、枝に定着し動かない、動き回るなどさまざまなタイプが存在しています。多くの場合、幼虫時に植物の上を移動し、その数時間後には脚が退化して幹や枝に寄生すると、ほぼ動かなくなります。

カイガラムシの被害

主な被害はすす病と、「こうやく病」です。こうやく病にかかると枝や幹にカビが発生し、幹を包むようにどんどん増殖します。見た目の気持ち悪さはさることながら、枝が枯れるなど植物の生育に悪影響を及ぼします。

またカイガラムシの排泄物はアリやアブラムシを誘引。他の虫による二次被害の原因にもなってしまうため、見つけ次第すぐに対策する必要があります。

カイガラムシの対策

カイガラムシは風通しが悪い環境に発生するため、密植をさけ混み合った枝などは整枝しましょう。枝や幹についている成虫は、歯ブラシなどでこすって対策できます。

市販の薬品を使用する場合、厚い殻で覆われている成虫には薬品が効きにくいですが、孵化したばかりの幼虫にはよく効きます。

実害はないが不快な虫

なぜこんなにも不快になるのか

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ