無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小さすぎて収納しづらくどんどん増える[子ども服]…"脱ぎっぱなしにならない"スッキリ収納のコツがあった!

子育て

【子ども服収納のコツ】サイズが小さくて収納しづらく、どんどん増える子ども服。着たい服がすぐ取り出せて、子どもが進んで着替えたくなる収納法は?整理収納アドバイザーの副島千尋さんに教えていただきます。

いただきものやおさがり、保育園でのお着換え用…すぐにダメにしてしまうからと用意しすぎたり、かわいいからと衝動買いしてしまったり…どんどん増えがちな子ども服。きょうだいがいればさらにその量は増えますよね。

服の山ができているのに、実際に着ているのは同じような服ばかり…着せたい服の出番がないまま、「あっという間にサイズアウトしてしまった!」なんてことも。

服をムダにすることがないように、また自分で着替えをしたくなるように子ども服収納を見直してみましょう。

子ども服収納のベストな場所は?

お子さんが服を着替えるスペースはどこですか?
脱いだパジャマはどこに置きますか?

その答えが"収納をつくる場所"です。

子ども部屋ではなくリビングで着替えることが多いなら、リビングの一角に子ども服収納を用意しましょう。毎日の生活の中での「子どもの動き」を観察し、その延長上にお着替え場所を用意することで、自分で着替えがしやすくなります。

また、パジャマなど、脱ぎっぱなしの服が床置きにならないように着替える場所にカゴなどおいて、まずは「カゴに入れるだけでOK」と簡単にできる仕組みをつくってみてください。

大切なのは、入れられたらほめてあげること!小さなことですが、それで子どもは繰り返しできるようになっていきます。

また、着替える場所にラグなどを敷いて、「着替える場所」とゾーンをわけておくと部屋がスッキリしますし、メリハリもつきますのでオススメです。

▲カゴにポイっと入れるだけのパジャマ置き場があれば、とりあえず散らからない!

収納方法は「子どもに合わせる」のがコツ

収納の仕方は"その子に合わせる"ようにしてください。
たたむのが苦手でハンガーの方がかけやすい子もいれば、その逆でハンガーにかけるのは難しい、という子もいます。迷ったらどっちがよいか聞いてみるのが一番!

わが家は息子が手先を使うのが苦手ということもあり、カゴで収納していました。カゴのよいところは、パッと見ただけで何のアクションもせず取り出せしまえること。寒い時はカゴをもって移動し暖房のそばで着替えたりもしていました。

ジャンバーもハンガーにかけることができなかったので、玄関のカゴに投げ込むだけのワンアクション収納に。
おしゃれなカゴにすれば、中身は気になりません。床に散らかっている方が気になるのでそれで充分。洋服の枚数が少なければ、カゴ収納がおススメです!

やり方に決まりはないので、わが子に合わせていろいろ工夫してみてくださいね。

▲持ち運びも簡単なかご収納

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ