無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コストコ好き必見! いつまでも“新鮮キープ”できちゃう優れモノ見つけました[3製品比較]

レシピ

食品をきちんと保存したいなら真空状態にするのが一番です!

買いすぎたお肉のパックや、特売のお魚などを長期保存するなら「冷凍」が一番便利です。ただし、パックのまま冷凍して霜がたくさん付いてしまい、解凍しても美味しくなかった……という経験はありませんか?

肉が傷んだり、お米に虫が付いたりするのを避けるには、真空状態にするのが一番です。そこで、小分けをするのに「ラップ」を使って密封性を高める、という手があります。

でもラップだとしっかり密封できないし、何よりいちいちラップを切り分けていくのが面倒ですよね。

そんな時に役立つのが、自宅で手軽に使える「家庭用真空パック器」です。

家庭用真空パック器は、専用の袋に密封したい食材を入れて、真空パックができるアイテムです。真空状態にすることで、酸化を防ぎ、食材の鮮度をより長く保ってくれるので、惜しみなくまとめ買いができちゃうんです。

といっても、家庭用真空パック器は各メーカーからさまざまな商品が売られています。どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、料理のプロ6人と主婦モニターのみなさんに、家庭用真空パック器3製品を以下の4項目で採点してもらいました。

①時短
②ラク
③実用性
④おいしさ

その結果、ベストバイに選ばれたのは暮らしの幸便の真空パック機でした!

脱気の速さと密封性バツグン!ボタンを押すだけで密閉完了

暮らしの幸便
家庭用真空パック器 真空パックん plus
実勢価格:1万2800円

Amazonで見る

[評価はこちら!]
時短:○
ラク:○
実用性:○
おいしさ:○

すべての項目で評価され、ベストバイに選ばれたのが「家庭用真空パック器 真空パックん plus」でした。

とにかく脱気がスピーディーな点と、密封性が高い点がとくに優秀でした! 少々お値段は張りますが、頻繁に使うなら、これ一択です! 「頻繁に使うならこれを選んでください」(フードコーディネーター・平尾由希さん)

付属品は、ロール(袋)とキャニスターです。

キャニスターは、マリネや漬け物を短時間で作るのに活躍してくれます。

袋はロール式で、必要な長さに切って使えるのでムダがありません。

密閉するには、ボタンを一押しするだけと、とってもカンタン! 確実に真空状態でパックしてくれます。封だけする機能もあるので、食材に合わせて使い分けましょう。

パックについては問題なしコンパクト性を求めるならこちら

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ