無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタバ、日本初ペットボトルが販売スタート! 店舗との味の違いを徹底レポ

グルメ

ペットボトル版スタバのドリンクは、店舗と同じ味? それともオリジナルの味?

22日、日本で初めてスターバックスのコーヒーがペットボトルで販売スタート!

さっそくfumumu取材班が、スタバの実際のコーヒーと比較をしてみました。

■スターバックスラテと比較

まずは、「スターバックス CAFÉ FAVORITES カフェラテ」(151円・税込)です。

サイズは280mlと小さめのペットボトルで、国内製造の牛乳がたっぷり使われているそう。

飲味比べてみたところ、実店舗の「スターバックスラテ」となにより違うのは甘さでした。

ペットボトルは加糖タイプなので甘みが強く、違う味のように感じます。店舗ラテのほうにガムシロップを4つ入れ甘さをそろえてみましたが、やはりあまり味は似ていないかもしれません。

ただ一杯のラテとしてジャッジすると、上品で深い味に満足度は高め。仕事や勉強で脳が疲れたときにも、絶対に飲みたい一品です!

■ドリップアイスコーヒーと比較

つづいて、「スターバックス CAFÉ FAVORITES ブラック無糖」(140円・税込)。

喉ごしがとてもスッキリしていて、苦みがふわっと消えて、とても飲みやすいです。寝てはいけないときに、キンキンに冷やしてがぶがぶ飲みたい!

表示を確認したところ、ブラジルとコロンビアのコーヒー豆をブレンドして作られていました。

こちらも実店舗の「ドリップコーヒー(アイス)」と味を比べようとしたのですが、”ブラジルとコロンビアの豆をブレンド”したものはないとのことで、今回は「コロンビア」と比較。

口に入れたときの味の雰囲気がとても似ています! しかし「ドリップコーヒー」は、後味に苦さやナッツの風味が残りました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ