無料の会員登録をすると
お気に入りができます

真摯に物事と向き合う「生真面目」さんへ。肩の力を抜く生き方のヒント5個をご紹介

ライフスタイル

「生真面目」とは?

真面目の定義は人それぞれですが、自分が「生真面目」な人間だと自覚している場合、褒め言葉として受け取れない人も多いのではないでしょうか。それは、「冗談が通じない、頑固な人間」や、「真面目過ぎて融通が利かない堅物」のように、ネガティブな印象が加わるからです。

また、その性格がゆえに、人とのコミュニケーションが上手くいかなかったり、ストレスを溜め込みやすかったりと、生きづらさを感じている人も多いかもしれません。そんな、真摯に物事と向き合う「生真面目」さんの特徴と、肩の力を抜く生き方のヒントをご紹介します。

目次

「生真面目」な人の特徴

生真面目な人にはどのような特徴があるのでしょうか。「彼女(彼)は、生真面目だよね」といわれる人には、仕事やプライベートでの行動の傾向や、考え方の傾向など、特徴があります。ここでは、生真面目さんの性格の傾向を5つのポイントでみていきます。

性格の傾向①常に規則正しい

生真面目さんの特徴として、規則正しい生活を送る人が多いです。自分で構築したルーティンがあり、できる限りそれを守る傾向にあります。例えば、仕事であれば基本やマニュアルを徹底して貫きますし、趣味のスポーツの場合も、トレーニングの基本プログラムをきちんとこなします。

私生活でも、休日をだらだらと過ごしたり、夜更かししたりはせず、早寝早起きをして決まった時間に仕事を始める人が多いでしょう。誰が見ていなくとも常に規則正しい生活を送る人は、生真面目さんだといえます。

性格の傾向②何事にも妥協しない

生真面目さんは粘り強く、何事にも妥協しません。大変な仕事や面倒くさい作業も、最後までやり切ります。自分が納得できるクオリティーか?も重視しますので、細部までこだわり、時には周りを巻き込んで何度もやり直す…なんてこともあるかもしれません。

ストイックな性格であるともいえますね。仕事にもプライベートにも一生懸命で、こだわりが強く、妥協するのが苦手な性格は、生真面目さんの特徴です。

性格の傾向③人に甘えるのが苦手

生真面目さんは、人に甘えるのが苦手です。何事でも自分が担当した仕事は「絶対に自分がやならいと」と頑張ってしまう傾向があります。人に頼ることが苦手なため、目的を果たすのに遠回りをしてしまうことも。

人に協力してもらい、要領よく仕事を片付けるのが得意な人からすると、とても不器用な人に見えるでしょう。また、愚痴や弱音が上手に吐けずに、溜め込んでしまうのも生真面目さんの特徴です。「なかなか人に頼れない…」「ひとりで頑張らないと!」と思ってしまう人は、生真面目さんかもしれません。

性格の傾向④自分にも他人にも厳しい

「自分にも他人にも厳しい」のも、生真面目な性格な人の傾向です。生真面目さんは、人に頼らず、弱音を吐くこともせず、自分に与えられた仕事を全うします。

そして、妥協せずにやり切り、しっかりと結果を出します。自分に厳しく努力をし、結果を出すからこそ、他人にも厳しくなってしまう傾向があるのです。また、自分の失敗も他人の失敗も許せない人が多いのも、生真面目さんの特徴です。

そのため、生真面目でない人からは、「ちょっと厳しくて近寄りがたい人」だと思われるかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ