無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[6/28〜7/4の運勢]7月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

神の見えざる手を想う

今週のしし座は、自分が拝んでいる神さまの領域を、改めて確認していくような星回り。

「不二ひとつうづみ残して若葉かな」(与謝蕪村)は、あたり一面を若葉が埋め尽くすなか、富士ばかりが埋められないのだという一句。ここでは「若葉」とは翻弄される生命の象徴であり、その力強さであり、私たちの日常世界を支配しているかに見える競争原理や資本主義でもあります。

また「うづむ」とは、すべてを思惑通りに進めよう、とか、すべてが分かってしまったかのような気になることの比喩。そして「うづみ残して」とは、富士山のてっぺんの白い部分は文字通り不二であり、善/悪、良い/悪い、美しい/醜い、成功/失敗といった二元論を超え、意識の範疇を超えているのです。

こうした領域には決して人の手では侵すことのできない何かがあり、余白があることで、かえって絶望しないですみ、くじけきらずにいられるのではないでしょうか。あなたもまた、他人や自分自身でさえも侵すことのできない神聖不可侵な領域がまだまだ残っているのだということを改めて認識させられていくことでしょう。

続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

孤独との付き合い

今週のおとめ座は、人知れず確立された孤独の輪郭をなぞっていくような星回り。

現代人は不可解で残酷な事件が起こると、すぐに「うかがい知れぬ心の闇」と言って思考停止してしまいますが、今のあなたにはその闇をとぼとぼと歩き続けていく気概はあるでしょうか。

人を殺すにしろ、自分を殺すにしろ、人間は日々いろんなことを考えながら生きています。しかし、その考えの多くは、本当の考えを考えないためのものであって、そういう安全に生きていくための明かりやキラキラをあえて無視して、闇の中を歩ききったとき、なぜだか病んでいた心が不思議と治っていたりすることがあります。

自分の孤独だけは特別だと思い込んで、そこに囚われると、人は自壊していきますが、孤独の中に溶け込んで、取り入れていく人は回復する。そういう回復の道は、いつだって真っ暗闇で、そんな道を行こうとすると、世間からは気が狂っているなどと言われる。でも、それでいいのです。できれば、今週はそんな道をこそ選んでたどっていきたいところ。

続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ