無料の会員登録をすると
お気に入りができます

モダン~北欧まで一人暮らしのコーディネート実例。部屋がグッとおしゃれになるヒント

インテリア

一人暮らしの部屋のコーディネート

部屋の理想はあるのに、コーディネートが上手くいかないと感じることはありませんか。一人暮らしの限られた空間で収納、おしゃれ、ゆったり感の全部を達成するのは大変です。

ブレてしまうとイメージから遠ざかってしまうことも。そこで、今回は実例を3種類に分けてコツを探ります。それぞれのインテリアの本質をつかんで実践してみましょう。

目次

一人暮らしのコーディネート《モダン》

モノトーンに柔らかさをコーディネート

モダンでは白×黒のコーディネートをベースにします。けれども、部屋に黒が多ければ重く白が多いと冷たい雰囲気のインテリアに。

一人暮らしさんによって居心地の良さはそれぞれなので、自分なりの配分を見つけましょう。

また、真っ白ではなくアイボリーに変えると緊張感を緩和しておしゃれに。直線的だけでなく実例のように曲線を足すと一人暮らし空間が和らぎますよ。

余白を作ってコーディネート

映えるアート作品は余白を上手く使っていますが、それは一人暮らしにも当てはまります。部屋に置くものを絞るとインテリアの美しさが際立ちますよ。

特にモダンに見せるためにはすっきりとすることが大事。一人暮らし物件では家具を壁伝いコーディネートすると良いですよ。

実例では中央がゆったりとしておしゃれですね。グリーンはモノトーンに映え、居心地もアップします。

グレーを主役にしたコーディネート

部屋自体は白×ウッドのインテリアですが、そこにグレーを主役にコーディネートを組み立てています。グレーはモダンで黒や白が際立つおしゃれカラー。

適度な緊張感があり一人暮らしの居心地が良くなりますよ。実例ではライト、テーブル、アートフレームなどの黒を引き立てていますね。

小さな家具は全体のバランスを見ながら買い足すと良いですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ