無料の会員登録をすると
お気に入りができます

名古屋3大“笑”店街!漫画級のヤバ盛りグルメに、10万円超のシャンパンも『デラメチャ気になる!』

旅行・おでかけ

はるな愛と村上佳菜子が東海地方の話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。7月4日放送の90分拡大スペシャルでは久本雅美と岡崎出身のフリーアナウンサー青木源太をゲストに迎え、大須・覚王山・雁道“名古屋3大オモシロ笑店街”でウワサの愛され店を巡りました。

路地裏のメイド喫茶に凄いジンジャー、癒やしスポットに個性的な店主たちと次々と現れる大須裏路地のディープスポットのデラメチャ気になる話題は中編にて!

[前編はこちら]
[中編はこちら]
『デラメチャ気になる!』動画を見る

三代で営む老舗お好み焼き屋さん!招き猫を○○すると秘密のサービスが!?

久本&村上チームが裏路地の先で見つけたのは渋い雰囲気の『しらかわ家裏はなれ』。最初から数えるとおよそ60年続くという老舗のお好み焼き屋さんです。

『しらかわ家』は親・子・孫3世代で経営し、連日常連さん達で賑わう大須の名物店。裏はなれを営んでいるのは老夫婦の河村弥須夫さん月子さんとお孫さんの達也さん。そして表通りにある本店を息子さんの光治さんが切り盛りしています。二人は数多くのメニューの中からお孫さんおすすめ「Wしらかわ」を注文。

ふわっふわに焼き上がったお好み焼きはソースを塗るだけでぷるぷると震えるほど!大須で半世紀以上親しまれてきたお好み焼きの味に、本場大阪育ちの久本さんも大満足!あまりの美味しさに、二人がそろってカメラの存在を忘れて黙々と食べてしまっていました。
お好み焼きを堪能した村上が見つけたのがお店の奥にあった3体の招き猫ファミリー。その下にあった貼り紙に、驚きのサービスが書いてありました!

そのサービスが「招きネコファミリーを写したらいつも5%オフ」というもの。家の片隅に眠っていた招き猫を可哀想に想ったおばあちゃんが思いついたという、何とも心温まるサービスです。アットホームな雰囲気のしらかわ家さんには、美味しいお好み焼きと温かな人情が待っていました。

壁がコショウ缶だらけ!?一品勝負でつい盛りすぎちゃう店主!

街で出会った人たちから情報収集しながらはるな&青木チームが向かったのは第2アメ横ビルの2階にある『肉米(にくべぇ)雄一飯店』。何でも「やり過ぎちゃう店主」がいるとのウワサがあるそうです。そんな個性派店主を求めてお店に到着すると、入り口がまず驚きでした。

一面を埋め尽くす胡椒、胡椒、胡椒!その数なんと400缶。もはやどこが扉かすら分かりません。なんとか取っ手を見つけて中に入るとやりすぎとウワサの店主、石川雄一さんが出迎えてくれました。

一見すると普通の店主さん。しかし、あのヤリスギな胡椒の壁を見るとどうにもタダ者とは思えません。ちなみに入り口の胡椒の壁は「缶を捨てるに捨てられなくてためていったら一杯になったんで、自分が頑張った証として作った」とのこと。その結果、入り口が分からないお店になってしまったそうで……んー、ヤリスギですね!『肉米』さんのメニューは豚肉とキャベツを炒めた『野菜炒め』の1品のみ。メニューも半人前からの量を選ぶだけのシンプルなモノです。石川さんのおすすめに従い、はるなは1.5人前+中ライスを、青木アナは2人前+大ライスを注文。しかし、この判断がとんでもない事態を招いてしまうのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ