無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こんな贅沢もたまにはあり!全室スイートの「ホテル雅叙園東京」で優雅にワーケーション

旅行・おでかけ

JR目黒駅西口から徒歩3分。90年以上の伝統を受け継ぐ「ホテル雅叙園東京」は、日本の美術工芸を随所に散りばめた唯一無二のミュージアムホテルです。全室80㎡以上の広さを誇る、スイート仕様の客室でワーケーションステイすれば、仕事もはかどりそう! “日本美のミュージアムホテル”と称される館内の装飾美も必見です。

非日常への入口?招きの大門をくぐってレセプションへ

「ホテル雅叙園東京」は、1928(昭和3年)に創業者・細川力蔵氏の自宅を改装した純日本式料亭「芝浦雅叙園」を原点とします。1931(昭和6年)に現在の地へ移り、「目黒雅叙園」としてオープン。2017年には「ホテル雅叙園東京」と名称を新たに、オールスイートのホテルにリブランドされました。

正面エントランスから客室・バンケット棟へ続く回廊を進むと見えてくるのは、「招きの大門」。通りの両端に水面が広がり、装花や木彫板を配した、非日常への入口を思わせる幻想的な空間。門の本瓦屋根には縁結びを象徴する銅製の棟飾りが施されていて、くぐったゲストに幸福をもたらすのだとか。期待を胸に客室がある棟へ進みましょう。

「招きの大門」を抜けるとそこは5階まで吹き抜けになったガラス張りのアトリウム空間。天井から日が差しこむ明るく開放的な雰囲気で、カフェラウンジやレストラン、パティスリー、さらに滝が流れる庭園もあります。専用エレベーターでレセプションがある8階へ。

レセプションや客室を繋ぐ宿泊者専用エレベーターが開くと、孔雀を描いた神々しい螺鈿(らでん)細工がお目見え。螺鈿とは、漆に光沢ある蝶貝などの貝殻をはめ込んだ伝統工芸で、「ホテル雅叙園東京」にある螺鈿のなかでも美しさはひときわです。

エグゼクティブスイートがMYオフィス♪

「エグゼクティブスイート」。リビングルームのテーブルには折り鶴と茶櫃が

客室は6~8階に全60室。約3万7000㎡もの敷地を有するホテルでたった60室とはなんとも贅沢。旧目黒雅叙園から受け継ぐ美空間と茶室をイメージした、5タイプあるスイートルームのなかで、ワーケーションにおすすめなのが「エグゼクティブスイート」。リビングとベッドルーム、バスルーム、さらに十分な広さのウォークインクローゼットも完備。チェックイン前の絢爛豪華な装飾美とは異なる、和の落ち着いた雰囲気が魅力的。

柿渋染めの壁装飾が特徴のベッドルーム。ベッドサイドにはカーテンの開閉、照明の点灯・消灯ができるコントロールボタンとコンセント、USBポート、ベッドの正面にはテレビがあります。シンプルななかにも独創的な和の装いが素敵ですね。

大理石のバスルームもすごい!脚を伸ばせるジェットバスとシャワールーム、そしてスチームサウナまで備わります。仕事終わりに優雅なバスタイムが楽しめそう。

バスアメニティはフランスのスパブランド「Omnisens Paris(オムニサンス・パリ)」。シャンプーやコンディショナー、シャワージェル、ボディローション、さらに基礎化粧品までも用意。このちょっとした気遣い、女子には高ポイントですね。

仕事がはかどる、広々リビングルーム

大きなデスクとその後ろに液晶テレビ、窓際にソファを置くリビングルームは明るく広々。MYオフィス気分でお仕事タイム。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ