無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やせたい。でも[マック]食べたい(泣)我慢できないとき「食べてOK」「絶対NG」6メニュー発表

グルメ

どうしても飲みたいときは、まだまだ活動量の多い日中のティータイムに楽しもうと思いました。

1番カロリーが低いのは「爽健美茶」

香ばしくてスッキリとした味わいが特徴の爽健美茶は、カロリー0です。

ガツンとしたハンバーガーのセットを頼むなら、カロリー0の爽健美茶を飲むのことをおすすめします。

サイドメニュー部門:国民的人気メニューの〇〇がヤバイ

1番カロリーが高いのは「マックフライポテトLサイズ」

ハンバーガーのサイドメニューと言えば、フライドポテトは欠かせません。外はカリッと、中はほくほくとした食感で、程よい塩加減がたまらないフライドポテトは、Lサイズでもペロっと食べきってしまうほど美味しいですよね。

ただ、糖質を含むじゃがいもを油でしっかりと揚げていることもあり、Lサイズのカロリーは【517kcal】と非常に高くなっています。

大好きなので食べる事は諦めませんが、サイズを2つ小さくして、Sサイズに変更しようか検討中です(笑)。

※Mサイズは410kcal、Sサイズは225kcalです。

1番カロリーが低いのは「えだまめコーン」

えだまめコーンの存在を知らない方もいるかもしれません。程よい甘さのスイーコーンと枝豆を組みあわせた、栄養価も高いサイドメニューです。カロリーはたったの【83kcal】と1番低い結果となりました。

枝豆は「大豆たんぱく質」を含みつつ、緑黄色野菜でもあるため、代謝を促す「ビタミンやミネラル」を同時に含む、優れた食材の1つです。

ダイエットをしたい時は、えだまめコーンをサイドメニューに選ぶのは間違いないようです。

ダイエット中の参考にして

マクドナルドのメニューをハンバーグ、サイドメニュー、ドリンクにわけて、1番カロリーが高い商品と低い商品を紹介しました!

カロリーが高いからと言って食べてはいけないわけではなく、活動量の多い日中に食べたり、サイドメニューの組み合わせを工夫してカロリーを抑えたりすれば、楽しめることが出来ます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ