無料の会員登録をすると
お気に入りができます

9月1日は防災の日!年に一度は見直したい「防災グッズ」と心得をおさらい

ライフスタイル

我が家の防災グッズ、大丈夫?

9月1日「防災の日」に見直してみて

9月1日は関東大震災があった日で、「防災の日」にもなっています。また3月・6月・9月・12月それぞれの最初の日は「防災点検の日」として、防災グッズの見直しをする日でもあります。季節の変わり目で見直すいいタイミングです。

最近は毎年のようにさまざまな自然災害が起き、防災グッズへの意識が高まっている人も多いでしょう。この記事では、防災グッズの見直しや、おすすめのアイテム、防災の心得について解説していきます。

防災グッズを見直すポイント

賞味期限・使用期限は大丈夫?

防災グッズではまず食品の賞味期限を確かめましょう。保存期間が長い非常食でも、賞味期限はあります。また、使用期限がある防災グッズも。いざというときにきちんと使えるよう、期限のチェックはお忘れなく。

必要なものはきちんと入っている?

防災グッズを一つ一つ見直すことで、どう使うのか、どうして必要なのかをたしかめることができます。防災意識が高まる、というわけですね。

また季節によって衣類や気温への対策も変わるため、年に4回の見直しで必要なものを入れ替える必要もあります。具体的に何が必要なのかを、これから詳しく見ていきましょう。

3日分は備えておきたい「食品」

・水(飲料用・調理用)
・主食・主菜(レトルト食品・缶詰・冷凍食品)
・缶詰(缶切りも忘れずに)
・野菜ジュース
・加熱せず食べられる食品(かまぼこ・チーズなど)
・お菓子、栄養補助食品、調味料

「長期保存水」は1人1日3リットル備蓄

防災用に数年間保存できる「長期保存水」を選びましょう。1人1日3リットルが備蓄水の目安。3日分の備えであれば、1人9リットルは必要です。

こちらは三菱ケミカルの「5年保存水」。天然水でミネラル成分も豊富に含まれています。ダンボールに賞味期限が大きく書かれており、見直しもしやすいです。

5年保存水 2リットル×6本入

三菱ケミカル

¥ 1,944

商品詳細
5年保存水 2リットル×6本入
item.rakuten.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ