無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理収納のプロが教える!今さら人に聞けない「片づけの基本5つのポイント」

インテリア

整理収納アドバイザーの田中ゆみこです。コロナ禍、おうちで過ごす時間も多くなり「スッキリした部屋で過ごしたい!」と片づけを始める方も多いのではないでしょうか?でも、どこから片づけを始めたらよいのかわからない、今さら片づけの手順を人に聞けない…という人のために、今回は「片づけの基本」を5つご紹介します。

1.暮らしにあったちょうどいいモノの量を決める(適正量)

片づけの基本の1つ目は「暮らしにあったちょうどいいモノの量を決める」です。

お片づけ相談で、「モノがどんどん増えていって困っているのですがどうすればよいですか?」というお悩みをよく聞きますが、暮らしにあったちょうどよいモノの量を決めて、それ以上増やさない努力をすれば必ず片づきます。

我が家は家族4人暮らし。上の写真のように、お箸は1人2膳、食器やカトラリーは家族の人数分しか持っていません。以前はお客さま用の食器やカトラリーを持っていましたが、結局使うのは年に数回。

量が多いと出し入れが面倒ということもあり、家族の人数分に減らしました。

タオルは洗い替えを含めて1人4枚と決めています。洋服や下着の数、食材や日用品のストックも数を決めてスペースに収まる量を守っています。

モノの量が多ければ多いほど管理できなくなり、散らかる原因や片づかない原因になります。

「今使っているか?」「今使っていないか?」とひとつひとつモノと向き合いながら、ぜひ、暮らしにあったちょうどいいモノの量を決めてくださいね。

2.動線のうえに収納を作る(動作・動線)

片づけの基本2つ目は「動線のうえに収納を作る」です。

「片づけが苦手だからラクに片づけたい!」と思っている人に特におすすめのルールです。

例えば、その辺に置きっぱなしになるカバンや鍵は玄関やリビングの一角に、コロナ禍で必須となったマスクはリビングから玄関への通り道に収納を作ると、忘れ物防止にもつながり、片づけもラクになります。

上の写真のように、玄関からキッチンへの動線にあるキッチンカウンターにちょい置きしてしまうモノにも「トレーに置くだけの収納」を作っています。

出し入れの動作は少ないほどストレスフリーです。動線を意識して使う場所に出し入れしやすい収納を考えてみてください。

生活動線を考えて、動線のうえに収納を作るだけで自然と片づきますよ。

3.よく使うモノから便利な場所に定位置を決める(使用頻度)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ