無料の会員登録をすると
お気に入りができます

初心者でも気軽に楽しめる、高尾山ハイキングレポ

旅行・おでかけ

八王子市にある高尾山は、登山者数世界一といわれる人気スポット。実際に定番コースを歩き、中腹の展望台や山頂のグルメ情報、歴史ある薬王院や山麓の癒やしスポットについてレポート。初心者向けの基本情報を中心に、高尾山ハイキングの魅力をお伝えします♪

こちらでは、高尾名物の「とろろそば」(写真/1,000円)をはじめ、みそ田楽や山菜料理を食べられます。店頭でお団子やお土産を買うことも可能。

特等席は、テラスのカウンター席。絶景を見ながらの食事は何にも勝る贅沢です♪ 山頂ではありませんが眺望は素晴らしく、山の風に吹かれてのんびり休憩ができます。

山岳信仰から生まれた神仏習合の神を祀る高尾薬王院へ

エネルギーをたっぷりチャージして山歩きを再開。時間に余裕があれば、約70頭のニホンザルや300種類の高山植物を育てている「高尾山さる園・野草園」に立ち寄っても良いでしょう。

樹齢450年といわれる「たこ杉」を過ぎると、「浄心門」が見えてきます。ここから先は「薬王院」の境内になります。登山コースのポイントでもあり、浄心門の左が3号路、右が4号路の入り口になっています。

「カツラ林コース」とも呼ばれる3号路は比較的人が少なく、秋にはカツラの黄色い葉を見ることができますよ。

直進して門をくぐると、赤い灯籠が両脇に並ぶ道。紅葉も美しく、夜はまた違った雰囲気を楽しめます。

やがて分岐が現れます。左が108段と煩悩の数だけある急階段「男坂」、右がなだらかな「女坂」。すぐ先で再び合流するので、グループで行ったときは二手に分かれても楽しいでしょう。かかる時間はあまり変わりません。

合流地点には、風味豊かなごま団子で有名な「ごまどころ 権現茶屋」があります。店内にもテーブル席や小上がり、テラス席など50席を完備し、「八王子ラーメン」などが食べられますよ。

立派な杉並木を抜け、多聞天、広目天、増長天、持国天が睨みをきかせる「四天王門」をくぐると、手水場。参拝に拝観料は必要ありません。寄り道をしなければ「十一丁目茶屋」から20分程度で来られます。

休日には、輪をくぐってその先の錫杖(しゃくじょう)を鳴らす「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」(写真)に行列ができています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ