無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昼と夜の長さがほぼ同じになる[秋分の日]。今年はいつかな?秋の夜長にお彼岸について話してみよう!

ライフスタイル

「秋分の日」は夜と昼の長さがほぼ等しくなる日。2021年は9月23日(木・祝)。この日を中日として前後各3日を合わせた7日間が秋のお彼岸となります。

「秋分の日」は夜と昼の長さがほぼ等しくなる日。

この日を過ぎるとさらに秋が深まり、夜も日に日に長くなります。今回は、「秋分の日」について、いまさら聞けない疑問についてご紹介します。秋の夜長に親子で話をしてみてくださいね。

秋分の日ってなあに?

秋の深まりとともに訪れる「秋分の日」。「秋分の日」には、太陽がほぼ真東から上がってほぼ真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになります(実際には昼のほうが長い)。

日本の国民の祝日にあたりますが、「秋分点」を太陽が通過するタイミングが年によって違うため、祝日法によってその年の「秋分の日」が選定されます。

2021年は9月23日(木)。「秋分の日」を過ぎると、次第に夜が長くなります。

「しゅうぶんの日」ってなあに?

ひるとよるが、同じながさになる日で、こくみんの祝日だよ。たいようのうごきによって、決まるから、その年によって変わるんだ。

秋のお彼岸(ひがん)ってなあに?

「秋分の日」を中日として、前後3日を合わせた7日間は、「秋の彼岸」になります(春のお彼岸は「春分の日」をはさむ7日間)。

彼岸(ひがん)とは仏教用語で向こう側を指し、「あの世」のこと。仏教では西の方角に仏様のいる極楽浄土があると考えられていることから、太陽がほぼ真東から上がってほぼ真西に沈む「秋分の日」は、あの世とこの世がもっともつながりやすくなると考えられ、先祖供養を行うようになったといわれます。

お墓まいりをして、祖先を敬い、亡くなった人を偲びましょう。

秋のおひがんってなあに?

おはかまいりなどをして、せんぞをくようする日のことで、春と秋にあるんだよ。この日はたいようがま東からのぼってま西にしずむから、なくなった人のいる「あのよ」にちかい日といわれているんだって。

収穫の秋がはじまります

秋は穀物などの収穫シーズン。身近なところでも、新米が出回ったり、いも掘りのイベントがあるなど、収穫の秋を感じることが多くなると思います。

秋分の少し前にある「中秋の名月」におそなえをするのも、作物の豊作を願い、感謝するもの。いろいろな食べ物が店頭に並び、食卓を彩るようになる季節。「収穫の秋」の恵みを存分に味わいましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ