無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代からのダイエットを成功させるコツ!薬剤師の「3つの痩せ習慣」とは

美容

「30代に入ってから、ダイエットをしても痩せにくくなった」「20代の頃よりも脂肪が付きやすくなった気がする……」基礎代謝の低下やホルモンバランスの影響で、からだの変化を感じやすくなる30代。今回は、30代からの「ダイエットのお作法」について、あんしん漢方の薬剤師、西里美咲さんに伺いました。

20代の頃と同じ方法でダイエットしていませんか?

photo:unsplash

30代に入ると、若い頃と同じようなダイエットをしてもなかなかうまくいかず、つらいですよね。
では、30代になると、なぜ痩せにくくなるのでしょうか。まずは、その原因をみていきましょう。

年齢とともに基礎代謝が低下

基礎代謝(生きていくために最低限必要なエネルギー)は、10代をピークに徐々に低下します。そのため、食事量や運動量が変わらなくても、年齢とともにエネルギーの消費量が減って、脂肪が蓄積されやすくなるのです。

ホルモンバランスの変化

30代以降は、女性ホルモンの分泌量が減少するといわれています。

女性ホルモンが減少することで、血行が悪くなり、からだの冷えやむくみが生じます。これにより、エネルギーが消費されにくく、脂肪が燃焼されにくくなるのです。

生活の変化によるストレスや寝不足

30代は、仕事での昇進や結婚、出産など、生活が大きく変化しやすい年代です。

ストレスが溜まったり、寝不足が続いたりすると、ストレスホルモン(コルチゾール)や食欲ホルモン(グレリン)の分泌が増加するといわれています。これが、基礎代謝の低下や食欲増進につながるのです。

30代の正しいダイエット方法は?目標達成のためのポイント3つ

photo:unsplash

では、30代におすすめのダイエット方法とはどのようなものでしょうか。30代からのダイエットでは、「ライフスタイルを整えていくこと」が何より大切です。ダイエットの鍵を握る3つのポイントをご紹介します。

その1 食習慣を整えよう

photo:shutterstock

食事量やカロリーを抑えるのではなく、次のように「栄養バランス」や「食べる順番」に気をつけましょう。

・タンパク質や食物繊維、ビタミンを十分に摂る
・脂質を控える
・食物繊維→タンパク質→炭水化物の順に食べる

脂質はとくに太りやすい栄養素です。動物性脂肪を控えて、植物油や魚油などの、良質な脂質を摂るようにしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ