無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラさん必見「あれ、どこいった…?」を即解消!暮らし別「貴重品ケース」使用レポ

ライフスタイル

「夫婦共働きの我が家では、通帳や年金手帳など個人の貴重品は独身時代から変わらず、各自で管理しています。
夫婦共通口座の通帳やカードはわたしが管理していましたが、必要な機会がある度、夫から
『どこに仕舞ってるんだっけ?』
と必ず聞かれ、その度に自分の貴重品ケースからがさごそと探していました。

あまり頻繁に出すことがないからこそ、そこまで気にして改善しようと思っていませんでしたが、わたしが不在のときや急に必要となったとき、これでは困るだろうなぁと思い、共通の貴重品ケースとして使用。」

「中に入れたのは、
・通帳 1冊
・キャッシュカード
・パスポート 2冊
・年金手帳 2冊
・税金のお知らせ通知
・商品券
・海外紙幣

これだけ入れてもまだ余裕があったので、それぞれの通帳も入れられそうでしたが、重ねて管理すると磁気不良の可能性があるそうなので、個人のものは引き続き各自で管理。

その代わり、パスポートや年金手帳といった使用頻度は少ないけど失くせない必需品など、まとめてしまった方が管理しやすいものを入れています。」

「ファスナーポケットやカードポケットもまだまだ余裕があり、夫婦2人の共通貴重品だけなら持てあますほどの収納力。
ライフスタイルが変わるにつれて収納したいものも代わってくると思うので、少し余裕を感じるくらいが今のわたしたちにはちょうど良いのかもしれません。」

「貴重品ケースと聞くと事務的で可愛くないものをイメージしていましたが、こちらはコロンとしたフォルムで可愛らしさを感じながらも、男性が持っていても違和感のない上品な質感と色味。性別を感じさせないユニセックスなデザインも個人的には嬉しいポイントでした。」

ひとり暮らしの場合

「これまで貴重品類はファスナー付きのケースにひとまとめにいれていたのですが、仕切りがないので、中身が見づらく、何かを取り出すという時は、そのケース内を都度がさごそと探すという、ずぼら感満載の管理になってしまっていました。

こちらの貴重品ケースは、たっぷり入るのに、蛇腹タイプだから中身が一目瞭然ですっきり!

どこに何が入っているかすぐにわかり、使ったら元に戻す流れが自然とできるので、いつもキレイに整理整頓ができています。」

「中には、
・通帳2つ
・カード4枚
・年金手帳
・パスポート
・現金(1万円札×2枚)
※ケースに入れるときは封筒から出しています。
・鍵

印鑑や通院系で使うものなどは別に保管し、使用頻度はそこまで高くないけれど、定期的に使用することのある重要なものをひとまとめにしました。

ファスナーポケット部分に鍵を入れましたが、そこまでかさばらない厚み。
毎月の公共料金の領収書や保証書関連などがまとまっている引き出しに入れてみましたが、すっきりと収納することができました。」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ