無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日3分で「巻き肩」をリセット!美人姿勢で老け胸を予防する簡単習慣

美容

「鏡に映る胸元のたるみにハッとする」「デコルテに自信がなく、胸元を隠す服ばかり着てしまう」最近、年齢に関係なくバストが垂れ、老けた印象を与える「老け胸」にお悩みの方が増えているそうです。今回は、老け胸の原因のひとつ「巻き肩」を解消するストレッチを、ヨガインストラクターの古城美季さんに伺いました。

老け胸の原因「巻き肩」とは?

photo:photo-ac

「巻き肩」とは、左右の肩甲骨が広がり、左右の肩がからだの前側に入った状態です。巻き肩は、背骨の歪みにつながり、猫背などの悪い姿勢を招きやすくなるとされています。
巻き肩になると、左右の肩甲骨が離れ、正常の位置よりも上がるので、背中の筋肉がゆるんで広がります。そのため、胸の筋肉やデコルテの皮膚が縮み、バストが下垂した「老け胸」につながるのです。

また、胸まわりが圧迫されて呼吸が浅くなると、血行やリンパの流れが滞る原因に。バストに張りがなくなるほか、からだのむくみや冷えなど、さまざまな不調を招きやすくなります。

あなたは当てはまる?巻き肩セルフチェック

気づかないうちに「巻き肩」になっていませんか?まずは、簡単にできる巻き肩のセルフチェックをしてみましょう。

□ スマホやパソコンを使う時間が長く、姿勢が悪いと感じる
□ 同じ姿勢で過ごす時間が長く、姿勢が悪いと感じる
□ 横から見たときに、肩が耳のラインよりも前に出ている
□ 横から見たときに、背中のラインが丸くなっている
□ 猫背で頭が前に出ている
□ 左右の肩甲骨を引き寄せられない
□ 壁に背中をくっつけて立ったときに肩が壁から離れている
□ 両腕をバンザイするように持ち上げたときに、両腕が耳よりも後ろにいかない

以上のセルフチェック項目にひとつでも当てはまったら「巻き肩」の可能性があります。

巻き肩の原因はスマホ?

巻き肩の主な原因として、スマホやパソコンを長時間使うことが考えられます。

デスクワークでは、画面に顔を近づけることで首が前に出て、肩が前側に入った姿勢になりがちです。また、スマホを扱うときは、無意識のうちに下を向く姿勢になりやすく、猫背や巻き肩などの悪い姿勢を招きやすくなります。

さらに、仕事や家事を含め、日常生活ではからだの前側で作業をすることが多いので、気づかないうちに巻き肩になっていることも。何もケアをしなければ、巻き肩の姿勢がくせになり、からだに負担がかかる原因になるのです。

巻き肩改善!バストのたるみ予防ストレッチ3選

photo:unsplash

巻き肩を改善し、バストのたるみを予防するストレッチとヨガのポーズを3つご紹介します。どれも家で簡単にできますので、気軽にチャレンジしてくださいね。反動をつけないように気をつけて、ゆっくりと深い呼吸を意識しましょう。

その①胸を開いて血行促進!大胸筋のストレッチ

photo:shutterstock

左右の肩甲骨を引き寄せて、縮みがちな胸を開き、血流を促すストレッチです。巻き肩の改善や、背中を引き締める効果が期待されます。立った状態でも座った状態でもできます。

ストレッチの手順

1. 両手をからだのうしろで組みます。握手をするように、左右の手はしっかりとにぎりましょう。
2. 背筋を伸ばし、息を吐きながら、ひじを伸ばして両手をぐっと下に下げます。このとき、左右の肩甲骨を引き寄せる意識を持ちましょう。
3. 息を吸いながら、組んだ両手をからだから離すイメージで、ゆっくりと引き上げます。
4. この姿勢のまま5呼吸キープします。腰が反らないように、おなかを引き締めておきましょう。息を吸うときに胸を開き、息を吐くときに左右の肩甲骨を引き寄せる意識を持ってください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ