無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食費の平均はいくら? 世帯人数別・年収別に検証して節約方法を考える

節約・マネー

日々生活する中、月々の家計で大きな割合を占めるのが食費です。毎月食費を支払っていると、「食費の平均はどれくらいなのだろう」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、世帯人数別・年収別に世帯あたり食費の平均を解説。食費による出費を抑えるために有効な節約方法も紹介していきます。

世帯人数別の食費の平均

自身の食費が多いか少ないかを判断するにあたっては、食費の平均値がどれくらいなのかを把握する必要があります。ここでは、総務省が毎月実施している「家計調査」をもとに、世帯あたり食費の平均値を世帯人数別に探っていきましょう。

単身世帯(1人暮らし世帯)の食費の平均

まずは単身世帯(1人暮らし世帯)における食費の平均値から見ていきます。

出典:総務省 家計調査(家計収支編) 2020年

調査結果によると、2020年の単身世帯における食費(統計項目としては「食料」)は38,257円、消費支出のうち25.4%を占めています。このうち外食は7,515円、消費支出全体に占める割合は5.0%。1人暮らしにおける食費は、この数字を目安にするといいでしょう。

コロナ禍による自粛生活の影響もあり、外食費がマイナス32%と大幅減となったことから、食費は低下傾向にあります。一方で、麺類・魚介類・肉類・野菜類といった食材の支出は軒並み増加しており、外食から自炊へのシフトが進んだと考えられます。

2人暮らし世帯の食費の平均

単身世帯における食費の平均値を見てきましたが、食費は世帯の人数によって大きく変わります。続いては、子どものいない夫婦世帯のような2人世帯の場合を見ていきましょう。

出典:総務省 家計調査(家計収支編) 2020年

2人世帯の平均食費支出は66,543円、そのうち外食費は6,942円です。単身世帯に比べて世帯人数が増えているにもかかわらず、外食費が単身世帯よりも少ないことがわかります。食費全体に占める外食費の割合も単身世帯では19.6%であるのに対し、2人世帯では10.4%と低くなっており、2人世帯では自炊の比率が高くなっていると考えられるでしょう。

4人暮らし世帯の食費の平均

かつて一般的だった核家族モデルである夫婦と子ども2人の4人世帯の場合の食費平均についても見ていきましょう。

出典:総務省 家計調査(家計収支編) 2020年

4人暮らし世帯の食費平均は87,071円、そのうち外食費は13,310円でした。世帯人数が増えるため、当然のことながら単身世帯や2人世帯に比べて食費・外食費とも増えています。2人暮らしと比べると世帯人数は倍になっていますが、食費は3割増程度と低めに抑えられているのが特徴です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ