無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ダイエットの強い味方!]えのきの栄養とおすすめレシピ3選

レシピ

えのきは、低カロリーなだけでなく、生活習慣病の予防などにも役立つとされている食物繊維が豊富に含まれており、ダイエット中におすすめの食材です。クセのない味わいと、シャキシャキとした食感は、炒め物や和え物、炊き込みご飯や鍋物など様々な食べ方が楽しめますね。そこで、今回はえのきの栄養や、おすすめのレシピなどについてご紹介していきます。

えのきの豆知識

美味しいえのきの選び方

全体的に色が白っぽいものを選びましょう。カサが開いておらず、背丈がそろっているものが美味しいえのきです。袋の内側に水滴がついて、水っぽくなっていないかも要チェック!

えのきの保存方法

購入後すぐに食べる場合は、袋のまま立てるように野菜室で保存しましょう。すぐに食べない時は、根本は切らずにキッチンペーパーで包み、ジップ付きの袋で保存しましょう。冷凍する場合は、根元を切り取って、小分けにしてから保存すると便利ですよ。

えのきの栄養

疲労回復に役立つ

えのきには、きのこ類の中でも特にビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えて代謝を高める働きを補助しており、疲労回復させるために必要不可欠です。ご飯などに含まれる糖質を摂りすぎてしまった時や、たくさん身体を動かして疲れ気味の時に、しっかりと摂りたい栄養素です。

脂質の代謝をサポート

えのきに豊富に含まれるビタミンB2は、脂質の代謝をサポートする他、口内炎や皮膚炎の予防が期待できるとされています。ダイエットや、美肌のためにも積極的に摂取していきたい栄養素です。

腸内環境を整える

えのき100g(1パック)あたりには、不溶性食物繊維が3.5gと豊富に含まれています。不溶性食物繊維は、腸で水分を吸収して便の量を増やし、腸を刺激することで便通を促し、排便をスムーズにしてくれます。また、有害物質を便と一緒に排出する働きがあるため、大腸がん予防などに役立ちます。

骨の健康をサポート

えのきには、カルシウムの吸収率を高め、骨や歯を丈夫にするために必要なビタミンDが豊富に含まれています。牛乳やヨーグルトなどの、カルシウムを豊富に含む食材と合わせて食べるとよいですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ