無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水道光熱費を節約したい! 電気・ガス・水道の基本料金は安くできる?

節約・マネー

プロパンガスの基本料金

プロパンガスは古くから自由料金制で、販売事業者が自由に料金を決められます。そのため、地域や販売会社によってかなり料金に開きがあるのが特徴です。

プロパンガスは特に基本料金の地域差が大きく、基本料金の平均が安い地方では1,600円台、高い地方だと2,100円台とかなりの差があります。基本料金には、ガスボンベの配送費やガスメーター維持費、管理費や検針費などが含まれているのが一般的です。

また、基本料金のほかに、使用量に応じて従量料金が加算されます。また、プロパンガスの基本料金と従量料金に加え、さらに設備使用料を加算する「三部料金制」をとっている会社もあります。

都市ガスの基本料金

都市ガスは、2017年4月にガスが自由化され、地域やガス会社によって料金はまちまちです。基本料金で見てみると、900~1,000円程度が全国的な相場となっています。

都市ガスも、基本料金のほかに、使用量に応じた従量料金が加算される仕組みです。また、使用量によって基本料金も段階的に変動します。

都市ガスはプロパンガスと違い、ガス管を通ってガスが供給されます。配送にかかる人的コストがかからない分、一般的にプロパンガスよりも基本料金は安めです。

ガス代の節約方法

ガスの基本料金は上述したように地域やガス会社によって異なるため、基本料金が安いガス会社に切り替えれば支出を抑えられる可能性があります。

現在プロパンガスを使用しているなら、都市ガスの配管引き込み工事が可能な場合、料金の安い都市ガスへ変更することもできます。ただし、基本工事、ガス栓ライン工事、埋設管工事、諸経費などの費用がかかるため、合計で10~20万円程度必要です。都市ガスに切り替えることで、どの程度の節約が可能かを慎重に検討する必要があるでしょう。

水道の基本料金は抑えられる?

上水道や下水道は、多くの地域では地方公営企業である水道局が担っています。ここでは、公共料金である水道料金の仕組みや基本料金について解説します。

水道料金の仕組み・基本料金

水道料金は基本料金と使用量に応じた従量料金で計算されますが、管轄の水道局によって若干地域差があります。

水道の基本料金はメーターの口径の大きさによって何段階かに設定されています。口径とは水道メーターにつながる水道管の太さのことで、呼び径ともいいます。一般家庭の口径はだいたい13~25mmで、20mmが主流です。

一例で、東京都水道局の基本料金を紹介します。

出典:水道料金・下水道料金の計算方法(23区)|東京都水道局

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ