無料の会員登録をすると
お気に入りができます

有隣堂の選書付プランで、ゆったり“ひとり読書ステイ”。私のために選ばれた本と過ごせる「ホテル エディット 横濱」[番外編・横浜ヒトリホテル]

旅行・おでかけ

年に150泊以上するひとりステイのスペシャリスト・マロ(@ohitorigram)が、ひとりで泊まりたい都内のホテルを紹介する『東京ヒトリホテル』。今回は、東京を少し飛び出して、“番外編”ということで、横浜・桜木町の「ホテル エディット 横濱」を紹介します。なんとこのホテル、近くの関内に本社を構える有隣堂の書店員さんが選んだ本を滞在中に楽しめる『選書付宿泊プラン』を販売しているんです!素敵なお部屋で、誰にも邪魔されず、自分のために選ばれた本に没頭できるという、ひとりステイにぴったりなプランだったので、その様子をたっぷりお届けしていきます。

“横浜”を感じる、さわやかなマリンテイストの内装が心地いい

JR桜木町駅から徒歩3分と、好立地に位置する「ホテル エディット 横濱」は、「自分らしい旅を編集する」がテーマのホテル。ビジネスシーンでも、観光でも、それぞれのスタイルに合わせて利用できるホテルとなっています。今回紹介する『選書付宿泊プラン』も、まさにその世界観を体現しているプランですよね!

館内の内装は、“横浜”を感じられるさわやかなマリンテイストになっていて、ロビーから、白を基調としたタイルが目を惹きます。

個人的にツボだったのが、こちらのエレベーター前の空間。エレベーター周りって殺風景なところも多いのですが、ここまで世界観が作り込まれていると、お部屋に行くまでのワクワク感が高まります!

そして、客室フロアの番号や、エレベーターのマークもこんなにキュート。さりげないデザインに、ときめいてしまいます。ああかわいい…。

私が今回宿泊したのは、「コーナーダブル」のお部屋。客室は港町の横浜からインスピレーションを受けて、“船室”をイメージしているそう。二方向の窓から、光が差し込んで、ふわっとやさしい光に包まれるのが最高に心地いいんです…。

そして、デスクが完備されているので、デスクワークも◎グレーの椅子と、格子柄の青い床の組合わせがめちゃくちゃかわいくて、ここでの作業はテンション上がること間違いなしです。

ティータイムや眠る前にも…自分のために選ばれた本の世界を“ひとりじめ”

さて、今回は“選書付宿泊プラン”で滞在したので、ここからはその様子を詳しく紹介していきます。

今回、選書してくださったのは、有隣堂が展開する複合型書店「STORY STORY YOKOHAMA」の書店員さん。書店員さんは、“カルテ”を見て選書するので、まず予約時に選書用のカルテを記入することから始まります。

年齢や性別などの基本的な情報に加え、「興味のあるジャンル(ファッション、旅行書等)」「お気に入りの作家さん(マキヒロチ先生)」などについて回答しました。また、選書のリクエストについて、「自分の興味にある程度沿った方が良い」「普段選ばない本が良い」「その両方」と3つの選択肢に分かれていたので、私は両方と選択。

そのおかげで、普段読まないものの、自分の趣味嗜好の延長にあるような絶妙な選書をしていただくことができました!

書店員さんからは下記のようなメッセージが。
“頂いたキーワードに沿いながら、たぶん選ばれないのではないか、と思われる5冊選んでみました。(想像ですが)「いつかティファニー~」がお好きなら、「三拍子の娘」も気に入っていだだけるのではないかな、と思ったり。お楽しみいただければ幸いです。”

ロビーでは最初に本のリストを渡されるのですが、タイトルだけでは想像がつかないものもかなりあって、開けてみたときの「おおお、これは絶対いい!」という感動がたまらなかったです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ