無料の会員登録をすると
お気に入りができます

北欧へプチトリップ気分!「メッツァ」でフィンランドのような森とムーミンの物語の世界を楽しむ[まるで海外な絶景旅フィンランド編]

旅行・おでかけ

埼玉県飯能市にある宮沢湖を中心とした「メッツァ」は、北欧のライフスタイルを体感できる「メッツァビレッジ」とムーミンや仲間たちが住む世界を再現した「ムーミンバレーパーク」の2つのエリアから構成される複合施設。まるでフィンランドを訪れたような雰囲気が漂い、どこを切り取ってもフォトジェニックな「メッツァ」で一日を過ごしてみましょう。

日本にいながらフィンランド旅気分

北欧料理や地元食材を楽しめるレストランや北欧雑貨のショップなどが並ぶ「メッツァビレッジ」。北欧の生活をテーマにした複合施設で、飲食やショッピングだけでなく、ゆったりと過ごす北欧のような時間も楽しめる場所です。
土地に対する森林との比率がフィンランドと同じで、雰囲気を再現しやすいというのが「メッツァ」が飯能に作られた理由のひとつです。「メッツァ」とはフィンランド語で「森」という意味。宮沢湖の向こうに森が広がる風景を眺めていると、まるでフィンランドにいるような気分になります。

「メッツァビレッジ」のロゴにある家と木をモチーフにした木製ベンチは休憩だけでなく、フォトスポットしても人気。斜めから撮って「ムーミンバレーパーク」の「灯台」を入れても、正面から撮ってベンチの形を生かしてもかわいい写真になります。

カヌー体験や木製カップ・ククサ作りにトライ!

その数20万個と、湖が身近にあるフィンランドでは、カヌーはメジャーなアクティビティ。宮沢湖でもカヌー体験も可能なので、「ソグベルク」でレンタルをしましょう。水面近くを静かに進み、自然との一体感を楽しむことができます(1人1時間中学生以上2000円、小学生1000円、小学生未満500円)。

また、「ソグベルク」では木材を使ったさまざまなワークショップが行われ、フィンランドみやげとしても人気の「ククサ」を作ることもできます。「ククサ」とは、北欧ラップランド地方に住む遊牧民族、サーメ人に古くから伝わる木製マグカップのことで、木をくり抜いて作られます。「贈られた人は幸せになる」と言い伝えもあるので、プレゼントにもいいですね。
こちらでは、すでにくり抜いて、形作られた木材を磨く作業をします。木材は、ヒノキ、サクラ、ムク、ケヤキなどから好みのものを選びましょう。写真はサクラ材で、手前が磨く前、奥が完成したものです。料金は木材の種類や大きさによって異なり、写真のサクラ材は4400円。

スウェーデンの名産品であるダーラナホースのペイントやミニミニカヌー作りのワークショップなどもあります。

フィンランド名物を食べながらひと休み

実はフィンランドは世界屈指のコーヒー消費国。そんなフィンランドの人気カフェチェーン「ロバーツコーヒー」で、シナモンロール(352円)とホットコーヒー(418円)をいただきましょう。本国のレシピを再現したシナモンロールは、ほんのりと香るシナモンとカルダモンが好評。コーヒーはやさしい酸味とまろやかな味わいが特徴のハウスブレンドです。

秋は湖畔でフィンランド式サウナを体験

写真提供:株式会社温泉道場

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ