無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自然素材に包まれて。ぬくもり感じるリノベーション

インテリア

複数の板を貼り合わせたような引き戸。異なる色味の板を交互に組み合わせ、縦のラインが強調されたスタイリッシュなデザインに仕上がりました。

ゆったりくつろげる空間を目指して、落ち着いた色味のインテリアを選んでいます。壁掛け時計やティッシュボックスなど、小物にも木製のものを取り入れ、細部まで自然素材にこだわったリビングになりました。

窓から緑を眺められるダイニング。窓枠も木材で囲うようにすることで、集合住宅らしさを排除し、細部までログハウスのような雰囲気が楽しめるよう演出しています。

また、ダイニングの上には電球型のペンダントライトを取り付けて、素朴で温もりを感じる雰囲気に。

キッチンの造作棚にも木材を使用。コーヒー用具やカップなど、キッチン雑貨を見せる収納にできます。キッチン本体はステンレスを選び、厨房のように。ナチュラルでありながら、スタイリッシュなキッチンに仕上がりました。

書斎にも木材の棚を造作しました。収納ボックス、アウトドアグッズなど、手持ちのものに合わせて棚をつくることで、無駄なくスペースを有効活用。自分の趣味が詰め込まれた、秘密基地のような空間になっています。

窓枠と同様、玄関の枠も木材で囲んで素材感を統一。土間玄関の段差にモザイクタイルを貼り、個性的なデザインに仕上げました。

[Case3]木漏れ日が差す家

家全体に自然素材を用いたリノベーション事例です。リビングに面した窓には、カーテンではなく木製のブラインドを取り付け、窓からの採光を木漏れ日のように優しく取り込みます。

ブラインドの光が差し込む窓辺には、ガラス製の花器がぴったり。柔らかい光に照らされて、一層ガラスの輝きが際立ちます。

中央部の白い箱には洗面台、脱衣所、お風呂がまとめられています。仕切り壁の開口部にも窓と同じ木製ブラインドを設け、空間をゆるやかに分けながら、光を部屋の奥まで届けられるよう工夫しました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ