無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一人暮らし向けの落ち着く部屋の作り方。狭い部屋でも快適なレイアウト実例

インテリア

一人暮らしでも叶えたい落ち着く部屋の作り方

夢の一人暮らしを実現しても、家でくつろげないと感じたことはありませんか。落ち着く部屋にするために、まずは譲れないインテリアの条件をはっきりさせましょう。

さらに、見た目の環境や採用する色を整えるとおしゃれになり過ごす時間も長くなりますよ。

多くの方からの人気を集め、満足な住み心地を叶えている実例をご紹介するので、自分なりの充実した暮らしを見つけてくださいね。

目次

一人暮らしの落ち着く部屋:ワンルームレイアウト

好きなアイテムをとことん楽しむ部屋

ベッドを窓から離して設置し、その真向かいにテレビを置いている実例です。この配置はホテルで見られる落ち着く位置関係。

おしゃれなだけでなく窓への動線も確保されています。

ラグとプフのあるエリアがリビングスポットで、壁にある人気の北欧インテリアを自然と眺めることで落ち着く仕組みになっています。

好きなもので部屋を満たすのは家族から離れて一人暮らしをする醍醐味。そんなメリットを存分に味わえる一人暮らしワンルームとなっています。

モダンな作りを生かした部屋

ブラックの天井のインテリアはかっこいいですが重苦しさを生むこともあるので、落ち着くためにはすっきりと明るい印象にするとよいですよ。

実例ではブルーを差し込み軽やかでおしゃれに。

甘さのない人気色は、クールなイメージはそのままにリラックス効果で、モダンさを邪魔しないワンルームになりますよ。

一人暮らしは忙しさや疲れで掃除を後回しにしがち。落ち着く部屋にするためには片付けの習慣をつけましょう。

カーテンで寝室を目隠しできる部屋

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ