無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一人暮らし向けの落ち着く部屋の作り方。狭い部屋でも快適なレイアウト実例

インテリア

一人暮らしワンルームでは玄関を開けると丸見えなので、デリバリーなどが来ると慌てることがあります。

一人暮らしだからこそプライベートなベッド部分は隠しておきたいですよね。

そんなときはおしゃれに隠す手段としてカーテンが便利です。寝室を独立して確保できるメリットに加え、視線にさらされないため心が落ち着くはずです。

人気のホワイトなら他のインテリアとの相性もよく、ゆったり感が出るので落ち着く部屋になりますよ。

必要な家具のみを選んだ部屋

自在に家具の配置を変えられるのが魅力のワンルーム。一人暮らしさんにとってその選択はさまざまです。

くつろぎの象徴として人気のソファよりも、一人暮らしなら座り心地のよいチェアの方が落ち着く場合があります。

おしゃれなラグを敷いてのんびりしたい方、ダイニングでの食事を優先したい方には実例のような選択が正解です。

インテリアはナチュラルカラーをメインに構成するのが落ち着くコツですよ。

実際以上にゆったりと見える部屋

広めの賃貸ワンルームですが、リノベーション段階から関わり一人暮らしを理想の形に完成させた実例です。

部屋を木製の家具を中心にして落ち着きが出るブラックやグレーのインテリアでまとめています。色数を3色程度に絞るとグンとおしゃれになりますよ。

人気のグリーンやドライフラワーなどの自然のアイテムは随所にレイアウトすると癒し効果で落ち着くので、ぜひ試してほしいコツです。

一人暮らしの落ち着く部屋:1Kレイアウト

色とアイテムを絞った心地よい部屋

部屋を自分らしく組み立てられれば一人暮らしは充実しますが、なかなか難しいですよね。

人気を集めているこちらの実例では、隠すと見せるを完全に分けています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ