無料の会員登録をすると
お気に入りができます

白×黒×グレーのお部屋特集!モノトーンインテリアで色の比重を考える

インテリア

モノトーンの色味によって変わる印象

モノトーンインテリアと聞くと、白や黒でまとめたモダンでクールなインテリアがイメージされます。

ここではそれぞれの色がどのくらい取り入れられているのか、色の比重によってインテリアのイメージにどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

白の比重が多いモノトーンインテリア

白の比重が多いリビング

モノトーンインテリアと一口に言っても、色味の比重によって印象は大きく変わります。

こちらは白が多めのモノトーンインテリア。クッションカバーや照明などに黒を入れて全体をおしゃれに引き締めています。

黒のラインがおしゃれなリビング

こちらも白の比重が多いモノトーンインテリアですが、壁面やラグに黒の直線デザインを積極的に取り入れています。

ジオグラフィカルな印象は、北欧テイストを感じさせるのではないでしょうか。

白の比重が多いデスクスペース

さりげなく光を通すブロックガラスのあしらいが、おしゃれなデスクコーナーです。

白を基調にした空間ですがフレームや本の表紙など、ところどころに黒やグレーのアイテムを取り入れて引き締め効果を狙っています。

白の比重が多いベッドルーム

腰高壁風のアクセントウォールが、おしゃれなベッドルームです。

壁面のベースカラーは清潔感のある白で、モダンなコントラストが楽しめます。よく見るとベッド本体のヘッドボードは黒。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ