無料の会員登録をすると
お気に入りができます

縦長の部屋がもっと広々快適!部屋の広さ別・リビングレイアウト実例集

インテリア

マンションなどの間取りで多い「縦長」の部屋。奥行きのある部屋をどう使えばよいのか、悩んだことはありませんか。今回は、縦長のリビングやワンルームを上手に使い、好みのインテリアを実現したレイアウト実例集をご紹介します。

縦長の部屋はレイアウトが難しい?

www.goodrooms.jp

日本のマンションなどの住宅は縦長の間取りが多く、その使い方に迷う方は多いのではないでしょうか。部屋を用途で区切ることが難しく感じられる間取りですが、家具のレイアウトなどを工夫すれば上手に使うことができます。

縦長の部屋のレイアウトに迷ったら、似た間取りの実例を参考にするのが近道。ぜひインテリア計画や部屋を広く見せるためのアイデアとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。

好みの部屋はどうつくる?縦長の部屋に置く家具とレイアウト実例集

10畳以下の狭めリビングのレイアウト実例

www.goodrooms.jp

【9畳の部屋】手前にダイニングセットと収納棚、中央部分にはテレビ、対面にはベッドをレイアウトしています。家具は壁際に寄せて、奥の掃き出し窓をふさがないことが広々インテリアのポイント。全体の家具を低めに揃えて天井を高く見せることで、より開放感を生み出しています。

www.goodrooms.jp

【約7畳の部屋】ベッドを端に寄せて、ベランダ近くの日当たりのよい窓辺にワークスペースとくつろぎスペースをレイアウト。ご自分にとって最も居心地のよい場所にデスクを配置することが、リモートワークをスムーズにする鍵になります。

www.goodrooms.jp

【7.6畳の部屋】空間に余裕がない部屋は、コンパクトサイズの家具で揃えると理想のインテリアをつくりやすくなります。

写真は25㎡ほどの1Kのこちらの部屋ですが、ベッド・食事用テーブル・ワークスペースをすべてレイアウトすることができています。ディスプレイとしても素敵な絵になる家具、雑貨を選べば、見せる収納がセンスよくまとまります。

11畳以上の広めリビングのレイアウト実例

www.goodrooms.jp

掃き出し窓の手前にベッド、奥のキッチンの近くにダイニングテーブルをレイアウトしています。くつろぎのスペース、趣味のスペース、食事をするスペースと緩やかに家具でゾーニングされているので、1部屋とは思えない多彩なインテリアに仕上がっています。

www.goodrooms.jp

【30㎡のワンルーム】窓辺にベッドとソファセット、その先にはワークスペースをレイアウト。壁面を上手に使い、DIYで作ったデスクと棚で居心地よさを生み出しています。壁際にはハンガーラックを設置して、見せる洋服収納もディスプレイの一部に。

www.goodrooms.jp

【14畳の部屋】リビングダイニングの奥にベッドを配置。カーテンで緩やかに仕切ることで、プライベート感を演出しています。壁や天井・間仕切りのファブリックが白で統一されているので、天井が高く感じられ開放感をもたらしていますね。遮る壁がないので窓からの光が部屋の奥まで光が行き渡り、明るい室内に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ